試食

和栗の甘みを塩がきりっと引き立てるサクサクなのにしっとりなクッキー「ソルティ・マロン」を食べてみた


和栗を使ったペーストを生地に練り込み、バターや生クリームでモンブラン風味に仕上げた東ハトのクッキー菓子「ソルティ・マロン」が、2021年8月30日(月)から登場します。和栗のほんのりとした甘みを引き立てる塩には、フランス・ブルターニュ産のゲランドの塩を使い、「さっくり、ほろり」とした食感に仕上がっているとのこと。そんなスイーツが届いたので、一足先に秋の味覚を堪能してみました。

ニュースリリース・お知らせ 東ハト
https://www.tohato.jp/news/

これが「ソルティ・マロン」のパッケージです。


パッケージには、和栗が0.6%使用されていることや、ゲランドの塩が13%使われていることが記載されていました。


原材料の欄には、「加糖栗ペースト(和栗使用)」や「クリーム(乳製品)」「栗風味ペースト」「キャラメルペースト」などが記載されていました。


カロリーは1枚あたり48kcalです。


パッケージを開けると、個包装入りのクッキーが10枚入っていました。


個包装から出してみるとこんな感じ。食べてみると、サクッとした食感がした直後に生地がほろっとほどけて、栗の上品な風味が口の中に広がりました。


クッキー生地は軽い食感としっとり感が両立されており、栗の香りやクリーミーなコクもあいまって「クッキーとモンブランクリームの中間」のような口当たりになっています。後から利いてくる塩味が甘みを引き立てている一方、甘さそのものは控えめでやさしい味わいに仕上がっているので、栗の繊細な風味をしっかり楽しめるスイーツだと感じました。


東ハトの「ソルティ・マロン」は2021年8月30日(月)から販売が開始される予定で、価格は税込214円です。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
かみしめるほどに濃厚スイートポテトの味がジュワッと染み出る「キャラメルコーン・スイートポテト味」試食レビュー - GIGAZINE

アイスなのにベルギーチョコの苦みがしっかり感じられるミニストップの「ビターチョコモナカ」を食べてみた - GIGAZINE

ふわふわ生クリームとヘーゼルナッツが相性抜群な「Uchi Café Spécialité 澄ふわマリトッツォ(ヘーゼルナッツチョコ入り)」などローソンの新作スイーツ3種を食べてみた - GIGAZINE

「熟れた梨」をそのままアイスにしたかのようなシャリシャリ食感「爽 甘熟梨」試食レビュー - GIGAZINE

石臼挽き抹茶の豊かな風味とミルクの優しい甘さでホッと一息つきたい時にピッタリな「クラフトボス 抹茶ラテ」試飲レビュー - GIGAZINE

ゴールデンキウイのトロピカルな香りと甘酸っぱさが堪能できる「ファンタ ゴールデンキウイ+ソルト」試飲レビュー - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1l_ks

You can read the machine translated English article here.