試食

総重量約700g、山盛り肉の上に「どぶ漬けとんかつ」をのせた「豪快“がぶり”とんかつ合盛りすた丼」試食レビュー


ボリュームたっぷりの丼を提供することでおなじみの伝説のすた丼屋が2019年7月29日(月)から期間限定で、看板メニューの「すた丼」に大胆にも「とんかつ」をトッピングした「豪快“がぶり”とんかつ合盛りすた丼」が登場しています。

【期間限定】7/29(月)登場★「豪快“がぶり”とんかつ合盛りすた丼」 | 伝説のすた丼屋/名物すた丼の店【公式サイト】
https://sutadonya.com/2019/07/25/【期間限定】729月登場★「豪快がぶりとんか/

伝説のすた丼屋にやってきました。


入り口前にも豪快“がぶり”とんかつ合盛りすた丼のチラシが貼られていました。


すた丼のボリュームは並盛のままで、さらにとんかつをトッピングしたという肉ドカ盛りの一品です


カウンター席で注文を済ませると……


注文してから約5分で豪快“がぶり”とんかつ合盛りすた丼が運ばれてきました。みそ汁、生卵がついて830円(税込)です。


定番メニューであるすた丼の上に、甘辛いタレに漬けた「どぶ漬けロースとんかつ」が添えられており、肉が丼からせり出してくるボリューム


とんかつは「ソースをかけた」といよりも「ソースに沈めた」という表現がぴったりなほど、ソースまみれです。ニンニクの香りが食欲をそそります。


交通系ICカードと比較するとこのくらいの大きさ。


まずはどぶ漬けロースとんかつを一口。ソースに漬けているため衣はしっとりとしており、甘辛く濃い味にご飯がすすみます。肉の厚みはやや薄めですが、柔らかくジューシーで肉のうま味も感じられます。


すた丼の豚バラ肉はニンニクのガツンとした風味が豚バラの甘い脂身と合わさって、さすがは看板メニューといった安定の味わいです。ご飯にぴったりなのは言わずもがな。


ニンニクこってりの味を堪能したら、セットの生卵を割り入れて……


丼の真ん中へ。


卵を入れることで、ガツンと濃い味がまろやかになり、700gの量でも飽きずに食べ進めることができました。


「豪快“がぶり”とんかつ合盛りすた丼」は期間限定で2019年7月29日(月)から、全国の伝説のすた丼屋/名物すた丼の店で830円(税込)で発売されています。なお、御徒町店・ダイバーシティ東京 プラザ店・東大和店・中野新橋店・み~さんの店・アリオ橋本店・Pasar蓮田(上り線)店・談合坂SA(下り線)店・清水PA店では提供されていないとのことです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
ボタン1つで肉の実力を最大限に発揮させる&圧力/低温/無水/煮込み調理をたった1台で実現可能な便利家電「電気圧力なべ SR-MP300」を使ってみた - GIGAZINE

吉野家初の非常用保存食「缶飯」が登場したので食べ比べてみた - GIGAZINE

肉は本当に健康に悪い食べ物なのか? - GIGAZINE

「肉のマネーボール」によってアメリカの牛肉の質は良くなり続けている - GIGAZINE

ストレスがある時に高脂肪の食事をすると通常時よりも太りやすい - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1m_mn

You can read the machine translated English article here.