セキュリティ

データ集中の究極形態「WeChat」アプリが抱える大問題とは?

by 禁书 网

中国で広く使われるメッセンジャーアプリ「WeChat」は今やコミュニケーションツール以上の存在となっており、配車や宅配サービスの利用、公共料金の支払いなど、日常のあらゆる行動をWeChat上で行う人も多く存在します。そんなWeChatはGoogleやAmazon以上に個人情報が集中する、いわばデータ一元化の最終形態となっており、そこから発生する大問題をフォトジャーナリストのBarclay Bramさんが論じています。

WeChat Is Watching - Issue 73: Play - Nautilus
http://nautil.us/issue/73/play/wechat-is-watching

「WeChat」は「中国版LINE」として2011年に中国でスタートしたメッセンジャーアプリ。もともと中国でもメッセンジャーアプリとしてLINEが使われることが多かったのですが、Googleと同様に規制によって中国国内での使用ができなくなり、WeChatが台頭してきたという流れです。2019年時点でWeChatは単なるメッセンジャーアプリの枠を越えて、生活のあらゆる部分に関わるアプリとなっているとのこと。


フォトジャーナリストのBarclay BramさんもWeChatユーザーの一人。Bramさんが1日の中でWeChatをどのように使っているのかは以下の通りです。

◆9:07
朝起きてすぐにWeChatをチェックし、その日最初のメッセージを送る
◆9:27
WeChatを通じてコーヒーを注文。WeChatアプリから支払いを行う方法のほかに、別のアプリをWeChat上で開いて使うことも可能。Bramさんは配達サービスを提供するMeituanを開いてアメリカンコーヒーを注文します。アプリはiPhoneの顔認識機能と結び付いているので、カメラの前に顔をかざすだけで支払いが完了し、9時53分には手元にコーヒーが到着するとのこと。
◆10:44
携帯キャリアからWeChatに請求書が届く
◆11:04
WeChat上で携帯電話の使用料を払う
◆11:15
ヨガクラスの先生とWeChat上でメッセージをやり取りし、WeChatを使ってジムにチェクインする
◆13:30
運動を終え、知人から送られてきた記事をWeChat上で読む(WeChatに外部リンクは存在しない)
◆16:00
送金に問題があったため銀行に電話で確認したところ、Bramさんは大学に所属しているため、学生としての資格証明を行う必要があることが判明。その後、WeChat上で必要な資料を銀行スタッフに提出。

上記に加え、Bramさんは家賃や公共料金、地下鉄システムの支払いをWeChat上で行っているほか、街の共有自転車を使うためにWeChatでQRコードを読み込み、WeChatでタクシーを呼び、映画の予約と支払い、心理学のオンラインコースの支払いをWeChatで行うなど、とにかく日常のあらゆる行動でWeChatを使っています。つまり、Bramさんの毎日の行動のほぼ全てをWeChatは知っているわけです。

by Liam Burnett-Blue

一方でBramさんが使っていないWeChatの機能としては、融資を受けること、病院の予約をすること、離婚手続きを行うこと、などがあります。これらのことをWeChatで行うようになれば、WeChatはBramさんがどのような点で困難を抱いているかをさらに一層理解することになります。

日常行動のあらゆる点でWeChatが関わるという状況はBramさんに限ったことではありません。デジタルメディアとコミュニケーションについて研究するYujie Chen氏はこの状況を「super-sticky(超粘着)」と呼んでいます。事実、2017年にWeChatが中国経済に生み出した金額は500億ドル(約5兆4000億円)といわれています。しかしデジタル経済の性質として、より効率的になるにはより多くのデータを必要とするので、データの集中化は免れません。

もちろんデータの集中が起こっているのはWeChatに限らず、多くの人がGoogle・Amazon・Uber・Twitter・Instagramとデータを共有しています。一方、WeChatが特殊なのは、欧米でGoogleやAmazon・Uberなどがそれぞれ別々で持っている機能を全て一元化しているという点。さまざまな中国企業のアプリの機能を取り入れることによって、他のアプリから生まれたデータも全て飲み込む、究極の集中化を実現しているのです。

by geralt

このようなWeChatが成功を歩み出したきっかけは、皮肉なことにライバルであるWeiboに比べてインターフェースでの「プライバシー」が保たれていた点にあります。WeiboはTwitterのように誰でも任意のユーザーの投稿を見たり、フォロワーを確認したり、その人の影響力をチェックすることができます。一方でWeChatはもともとWhatsAppのようなプライベートメッセンジャーでした。その後、フレンドサークル機能やフォロワー向け投稿機能も加わりましたが、いずれも「友だちとして認められた人」にだけ公開されるという点でプライバシーが保たれたものでした。

しかしアムネスティー・インターナショナルの2016年の報告においてWeChatは「言論の自由の保護が欠ける」「エンドツーエンドの暗号化がない」ということからプライバシーについてのスコアが100点中0点と評価されました。なお、同評価におけるFacebookは73点です。WeChatでは「プライベートなグループチャット」ができるはずですが、実際にはWeChatのグループチャットで発信したメッセージを理由にたびたび人が逮捕されています。

WeChatはインターフェースにおいてWeiboよりも非公開の要素が強いにも関わらず、実際には強い検閲の対象となっています。トロント大学のCitizen Labによると、WeChatで国内の電話番号を登録している人々はより強い検閲に合う傾向があるとのこと。

中国当局が中国版LINE「WeChat」のメッセージを監視できることを認める、開発元は否定 - GIGAZINE


WeChatは位置情報に基づく「ユーザーがどのようにWeChatを使っているか」という情報をリアルタイムで見ることができる「ヒートマップ」を政府に提供しています。つまり、政府はWeChatのデータをもとに人々がどこで抗議行動を行うのかなどを予測することが可能です。データ保護法により企業に対してデータの保護が義務づけられていますが、こと政府に関しては免除規定があるため、WeChatのデータ暗号化は政府の行動を妨げるものではありません。

またデータが超集中化しているWeChatにおいて、ハッキング被害も大きな問題です。WeChatでどのくらいのハッキングが発生しているかは不明ですが、中国インターネット協会のデータでは、国内のインターネットリーダーを含む1200人を対象に調査を行ったところ、うち84%が何らかのデータ盗難被害にあったと答えています。中国ではハッキングが広範囲で行われており、2016年にはハッキングで学費を騙し取られた学生が心労から倒れ、18歳という若さで死に至りました

by Andras Vas

また中国国民は病院や電車の予約、銀行での送金などでIDカードを必要としますが、一部の地域では「WeChat IDカード」などがスタートしているとのこと。これは非常にリスクの高いもので、WeChatが乗っ取られてしまえばハッカーは政府が承認したIDカードの個人情報を全て引き出すことが可能になってしまいます。今後実施されていく社会信用システムとの兼ね合いを考えても、大きなリスクを伴うものといえます。

WeChat自体は問題のあるアプリではありません。WeChatはBramさんの1日の行動に事細かく関わっていますが、その行動が意図することを理解し解釈するには「知恵」が必要です。この点、WeChatに知恵はなく、WeChatに対して隠さなければならない事実はないに等しいのですが、問題はWeChatの脆弱性です。ユーザーはWeChatを通し、自分自身も把握していない、恐ろしく詳細な自分自身の無限のアンソロジーを作っていること、そしてそれを誰かが意図的に利用できるという恐ろしさをBramさんは述べました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「借金している人が近くにいると通知を送るアプリ」が中国で登場 - GIGAZINE

当局のネット規制に備えるデモ隊の対応策「メッシュネットワーク」とは? - GIGAZINE

ネット接続なしでチャットできるアプリ「FireChat」はどれくらい離れても使用可能なのか試してみました - GIGAZINE

Googleは中国向けの「検閲機能付き検索エンジン」開発の業績評価を極秘で行っている - GIGAZINE

中国がついに全言語のWikipediaへのアクセスを遮断へ - GIGAZINE

in ソフトウェア,   セキュリティ, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.