メモ

全国民監視を目指す「社会信用システム」により中国で1000万件以上のフライトと400万件以上の高速列車に影響

by emilyd10

中国政府は、全国民の社会信用度をランク付けし社会管理を行う「社会信用システム」の導入を目指しています。その一部地域での試験運用により、1000万件以上のフライトや、400万件以上の高速列車への乗車に影響が出ているとのこと。

Social credit system must bankrupt discredited people: former official - Global Times
http://www.globaltimes.cn/content/1103262.shtml


「社会信用システム」は、中国政府が2020年を目標に導入を目指している新たな社会管理システム。社会ルールへの違反行為に罰点をつけ国民1人1人にスコアをつけ、スコアをもとに「社会信用度」のランク付けを行おうというものです。

ネットや現実の違反行為で点数を付け個人の信用レベルを格付けしブラックリスト化する恐るべき全人民監視計画 - GIGAZINE


その結果として、2018年3月時点で国内旅行禁止の措置を受けた人の数は1200万人以上、国内線のフライトへの搭乗禁止措置を受ける人の数は900万人に上りました。2018年4月末までの累計で、阻止された個別のフライト数は1000万件、高速列車の利用は400万件以上だったとのことです。

国務院開発研究センターの副総裁だったホン・ユンチョン氏は「信用のない人々は破産することになる」と語っており、この結果が狙い通りであることがわかります。

なお、同時に法律違反・規則違反を行った企業名3万3000件も公開されていて、法人、個人を問わずに政府は厳しい姿勢で臨むことが示されています。

・関連記事
交通機関の利用が「社会的信用度」で制限される運用が中国でスタート - GIGAZINE

ネットや現実の違反行為で点数を付け個人の信用レベルを格付けしブラックリスト化する恐るべき全人民監視計画 - GIGAZINE

隣国なのに意外と知らなかった「人民元」という中国の通貨について - GIGAZINE

in メモ, Posted by logc_nt