ソフトウェア

リアルタイムで飛行機の位置を表示する「Flightradar24」を自作する方法


飛行機の位置情報をリアルタイムで表示してくれるサービス「Flightradar24」は、航空ファンを中心に高い人気を持っています。「一体どうやってFlightradar24は飛行機のリアルタイムの位置情報を取得しているのか?」という仕組みを理解すると、自分だけのオリジナルFlightradar24システムを作成できることを、ソフトウェア開発者のDmitrySpb79氏が説明しています。

Flightradar24 — how it works? / Habr
https://habr.com/en/post/440596/

Flightradar24はGoogleマップ上に飛行機のほぼリアルタイムの位置情報を表示でき、世界中の空を飛び交う多数の飛行機をチェックできるサービスです。

Flightradar24
https://www.flightradar24.com


数秒ごとに位置情報が更新されるFlightradar24は、ぼーっと眺めているだけで楽しめるサービスですが、飛行機のリアルタイムの位置データは航空愛好家から寄せられる情報から再現しているそうです。

愛好家から送られるデータとは「ADS-B(Automatic Dependent Surveillance-Broadcast)」と呼ばれる民間の旅客機ならば必ず備えているフライトテレメトリの信号だとのこと。以下の画像の赤枠の装置がADS-Bです。


ADS-Bは暗号化されていない1090MHzの無線信号を使って飛行機のタイプ、座標、目的地などの情報を送ります。愛好家たちはこのADS-Bの信号を傍受して、Flightradar24に送信しているというわけです。


信号は1MB/sで送信されるため、データ送信にはわずか0.00012秒しかかからないとのこと。


DmitrySpb79氏によると、ADS-Bの信号を傍受できるRTL-SDRドングルは15ドル(約1700円)からあり、以下のアンテナ付きキットは27ドル(約3000円)で中国から購入できるそうです。


DmitrySpb79氏は20ドル(約2200円)から手に入るRaspberry Piを使ってRTL-SDR用のプログラムを実行してADS-B信号を受信しているとのこと。プログラムも以下のコードを実行するだけと非常に簡単です。

sudo bash -c "$(wget -O - http://repo.feed.flightradar24.com/install_fr24_rpi.sh)"


Raspberry PiのIPアドレスにアクセスすると、飛行機のステータスが表示されます。


Flightradar24のアカウントページ上では、受信してアップロードした情報は以下のようにビジュアル化されて表示されるとのこと。


航空ファンが航空機の飛行データを取得してFlightradar24に送るのには大きな理由があります。Flightradar24では有料サービスとして月額50ドル(約5500円)のプレミアムサービスが提供されていますが、飛行データを送信したユーザーはその見返りとしてプレミアムアカウントを無料で提供してもらえるとのこと。こうして航空ファンから提供されたデータによって、Flightradar24のサービスは実現しているというわけです。


なお、Flightradar24は飛行データを収集するための専用機器キットをユーザーに無料で提供しています。無料キット提供プログラムではすべての申し込みが承認されるわけではありませんが、ユーザーの少ない地域であればサポートを受けられる可能性は高いとDmitrySpb79氏は述べています。


空港近くの建物6階に住んで1日に1000機近い数の飛行機のデータを受信しているDmitrySpb79氏は、データをFlightradar24を送るだけでなく、オリジナルの飛行マップ作りも行っているとのこと。

まず、以下のGitHubページで公開されているプログラムを使えば、Raspberry Piのデコーダをローカルで実行できます。

GitHub - antirez/dump1090: Dump1090 is a simple Mode S decoder for RTLSDR devices
https://github.com/antirez/dump1090

必要なのは、以下の3つのコマンドを入力し……

git clone https://github.com/antirez/dump1090.git
cd dump1090/
make


デコーダを起動することだけ。

./dump1090 --interactive --net


デコーダが有効化されると、生データがリスト表示されます。


さらに、ログを地図に読み込んで自分だけの専用Flightradar24を作ることも可能です。


DmitrySpb79氏によるとFlightradar24は飛行データをチェックしており、政府専用機やVIPのビジネスジェットなど一部の旅客機のデータ情報はスクリーニングによって排除しているそうです。Flightradar24による「検閲」を受けることのない自分専用のFlightradar24を作れることは、DmitrySpb79氏のような航空マニアには大きな喜びを与えてくれるようです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
航空機の「ブラックボックス」は事故の原因をどうやって解明するのか? - GIGAZINE

飛行機のオーバーブッキングで搭乗できなくなることを避けるための対策とイザという時の対処方法 - GIGAZINE

飛行機の機内Wi-Fiによるネット接続はこうやって実現されている - GIGAZINE

飛行機のチケットは高いのか安いのか、その内訳を徹底的に分析 - GIGAZINE

フライトの途中で飛行機の扉が開くと乗客の身に何が起こるのか? - GIGAZINE

飛行機チケットのオンライン予約は今でも「コマンドライン」が裏側で飛び交っている - GIGAZINE

タダで飛行機に乗れる脆弱性を突いたハッカー、航空会社からの意外な対応に遭遇する - GIGAZINE

飛行機が時代と作られた目的を問わずに行き着く場所「飛行機の墓場」ことアメリカのモハーヴェ空港のフォトリポート - GIGAZINE

飛行機のチケットの買い時をビッグデータで予想して通知するサービス「FLYR」 - GIGAZINE

航空券の価格を「誰がチケットを欲しているか」から決める仕組みが開発中 - GIGAZINE

自宅のガレージにパンナムのファーストクラスの客室を再現してしまった男性 - GIGAZINE

in ソフトウェア,   ネットサービス,   ハードウェア,   乗り物, Posted by logv_to

You can read the machine translated English article here.