試食

チョコレートとラーメンがコラボした「チョコレートらーめん」がバレンタインに向けて登場、「新感覚の味わい」を実際に食べてきた


「2月14日にはチョコレートを贈る」という、もはや日本の風習として定着した感のあるバレンタインデーには、毎年多くの企業がチョコレートに関連した品々を提供しています。そんな風潮の中、ラーメンチェーンの幸楽苑が「チョコレートらーめん」でバレンタイン商戦に殴り込みをかけるということなので、ほんのりとチョコの甘さが溶け出した新感覚の味わいのラーメンを、実際に味わってきました。

株式会社幸楽苑の公式ウェブサイトです。 【予告】2月1日(金)より「チョコレートらーめん」期間限定で登場!
https://www.kourakuen.co.jp/news/104

幸楽苑に到着。


座席につくと、目当てのチョコレートらーめんがテーブルでアピールされていました。


チョコレートらーめんは、餃子3個とライスがついた「ライスセット」(税込248円)、餃子3個とチャーハンがついた「チャーハンセット」(税込421円)、餃子3個とチャーシュー丼がついた「チャーシュー丼セット」(税込370円)、餃子3個と玉丼がついた「玉丼セット」(税込399円)などのセットメニューでの注文も可能です。セットメニューにプラス118円すると餃子を更に3個追加することもできます。


注文から5分ほどで「チョコレートらーめん」(税込561円)が提供されました。上には板チョコがのっており、チョコレートの色合いのスープが見るだけでもインパクト大。


顔を近づけてみると、カカオの強い匂いがします。


具は板チョコだけではなく、チャーシュー、ナルト、ショウガ、メンマ、ネギと、いわゆる「ノーマル」なラーメンの具もたっぷり入っています。


さっそく食べてみます。「まずはこの板チョコから……」と箸を差し込むと、板チョコがトロリ。ラーメンは熱々なので、当然ながらチョコレートは溶け、スープに混ざっていきます。


板チョコは熱々のスープに溶けて混ざってしまうので、板チョコとスープを同時に味わうのは難しめ。板チョコがかかった部分の麺を食べてみると、スープが麺にからまないのでラーメンっぽさは感じられず、まさに「チョコレート&麺」というそのままの味です。


板チョコがかかっていない部分を食べてみます。チョコレートの色合いのスープは匂いもカカオの香りなので、口に入れるまでは「これは甘いだろう」と想定してしまいますが、板チョコ以外のラーメンの味は一般的なしょうゆラーメンの味わいでした。板チョコがスープに溶け出して混ざってしまうと、チョコレートの甘さはほとんど感じられなくなります。


スープを飲むと、カカオオイルの香りの主張が強め。チョコレートらしい甘さはほぼないので、全体的に「チョコレートラーメンというよりカカオラーメンなのでは?」という印象です。カカオの強い香り以外は、あっさり系のしょうゆラーメンのスープでした。


チョコレートらーめんにはコーヒーヌガー味のチロルチョコがオマケでついてきました。


「チョコレートらーめん」は全国の幸楽苑で2019年2月1日からバレンタインデー当日の2月14日まで期間限定で提供されています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
スタバからカスタム&ドリンクの組合わせで自分好みのバレンタインドリンクを探せる「バレンタイン カスタマニア ココ・フラペチーノ」が登場、全8種類を飲み比べてみた - GIGAZINE

義理チョコ代表「ブラックサンダー」から「ギリ」シャヨーグルトを使用した期間限定チョコが登場したので思いやりのイカヅチを受けてみた - GIGAZINE

ダイドーから「世界の最優秀パティシエ」ピエール・エルメのチョコと調和したスイーツカフェラテ「カフェ・オ・ショコラ」が登場したので飲んでみた - GIGAZINE

シロノワールに濃厚ないちごチョコクリームと甘酸っぱいいちごソースをかけた「シロノワール いちごチョコ」をコメダ珈琲店で食べてきた - GIGAZINE

見た目も味もまさに「飲める桔梗信玄餅」なローソン限定「桔梗屋 黒蜜きなこラテ」試飲レビュー - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.