映画

ディズニーの実写版「ダンボ」最新予告編が公開中、ティム・バートンの世界観が炸裂


チャーリーとチョコレート工場」「アリス・イン・ワンダーランド」などのティム・バートン監督最新作である実写版「ダンボ」の最新予告編が公開されました。「ティム・バートンの世界観が満載」と評される映像となっています。

DUMBO | NEW TRAILER 2019 - Colin Farrell, Eva Green, Danny DeVito | Official Disney UK - YouTube


晴れた日の街を……


少年ジョー(演:フィンリー・ホビンズ)が駆けています。


「父さん、起きて!ゾウが僕たちを必要としているよ!」という声で起こされたのは父親のホルト(演:コリン・ファレル)


もぞもぞと動くわらの山。


みんなが見つめる中で……


姿を現したのは、巨大な耳を持つダンボ。


「何だこれは!母親しか愛せない顔だ!」


「私たちはあなたのことをハンサムだと思っていますよ……」とそっと声をかける女性。


「私じゃなくてゾウのことだ!」と怒り狂うサーカスの団長は、ホルトに対して「明日までになんとかしろ!」とむちゃくちゃなことを言い出します。


「耳を消せ!」と命じられたホルトが見たのは……


手品師。しかし、ダンボの耳には手品師もなすすべがありません。


「赤ちゃんダンボ、サーカスにようこそ」とやってきたのはジョーとジョーの姉・ミリー(演:ニコ・パーカー)


ネズミたちも一緒です。


「どんなに小さくても歓迎するわ」


おり越しに鳥の羽を飛ばしあっていると……


うっかりダンボが羽を吸い込んでしまいます。


驚いてクシャミをした瞬間に飛び上がるダンボ。


巨大な耳を使ってバタバタと羽ばたき……


ベシャッと着地。


あっけに取られる二人。


そんな日々の中でサーカスを訪れたのは……


実業家のV・A・ファンデヴァー(演:マイケル・キートン)


「とても珍しいものを持っているそうだね」


「驚くべきもの」


「魔法のようなものを」


サーカスのテントの中を飛び回るダンボ。


「一緒に来てくれ。あのゾウの羽でたくさんのものが見られるぞ」


サーカスの規模は巨大に。


信じられないほどに豪華なパレードで入場。


サーカスも洗練されたものに。


高いステージに上らされるダンボ。


「リハーサルと同じようなものだ。光と音楽と炎とたくさんの客がいるだけ。お前ならできる!」と団長の励ましにあいます。


ダンボはおびえているかのようにも見えます。


心配そうに見つめる人々。


ハプニングが発生し会場がパニックになるなか……


「飛んで、ダンボ」


なお、ダンボは2019年3月29日(金)に日本で公開予定となっています。

・関連記事
ディズニーのアニメの動きがまるで生きているように感じる秘密がわかる「キャラクターに命を吹き込む12の法則」 - GIGAZINE

ディズニーが映画のヒーローをテーマパークに降臨させるべく進めるロボット開発プロジェクト「Stuntronics」とは? - GIGAZINE

無料の短編映画「Bao」をディズニー・ピクサーがYouTubeで公開中、肉まんに手足が生えて動き回る - GIGAZINE

ディズニー・ピクサーがクリス・プラットやトム・ホランドをキャストに迎えた新作映画「Onward」の制作を発表 - GIGAZINE

ディズニー映画に登場する2種類の悪役「追放者」と「暴君」の役割とは? - GIGAZINE

in 動画,   映画, Posted by logq_fa