動画

あのジャングル・ブックの実写版映画「MOWGLI(モーグリ)」予告編ムービー


イギリスの作家ラドヤード・キップリングによる小説「ジャングル・ブック」は、これまで何度も実写およびアニメーションの映画としてスクリーンによみがえってきた作品です。2016年にはディズニーが実写映画「ジャングル・ブック」を公開したばかりなのですが、ワーナー・ブラザース版のジャングル・ブックこと「MOWGLI」も猿の惑星シリーズのアンディ・サーキス監督のもとで撮影が進められており、ついに初の予告編が公開されることとなっています。

MOWGLI - Official 1st Trailer - YouTube


「ジャングルでの話を聞いただけだ」という男の声からムービーはスタート。


「私もちょうど王宮のこんなカゴの中で育った」


「私は噛んだ、そしてひっかいた」


「私の人生は常に戦いの連続だった」と、男が自身の半生と檻の中に閉じ込められた少年の境遇を重ねます。


「そしてある日、私は立ち止まった。そして彼らの信頼を得ることができた」という何者かの言葉。言葉の主を見つめる少年の目の前には……


なんと黒ヒョウがいました。黒ヒョウは「弟よ、信頼を得るのだ」と、少年・モーグリを諭します。


場面は変わって荒れ狂うサルの群れと……


その群れに引きずり回されるモーグリの姿。「ジャングルはもうお前にとって安全な場所ではない!」と、誰かがモーグリに警告していますが、警告もむなしく凶暴なサルに連れ去られます。


「お前は村にとどまるべきだ」という言葉と共に……


モーグリが閉じ込められていた檻が開かれます。


村人はその手にたいまつを持っており……


まるで火におびえる野生動物のように、モーグリが声にならない悲鳴を上げます。


場面は変わり、黒ヒョウとモーグリが仲良くジャングルを冒険中。


2人はまるで兄弟のように息の合った動きをみせます。


他にも5匹のオオカミと並ぶシーンなど、ジャングルの中にはモーグリの仲間が数多くいることがうかがえます。しかし、「お前にどうやってこの土地に属するかを教えられると思っていたが、私は間違っていたようだ、モーグリ」と黒ヒョウが語りかけます。


黒ヒョウの不吉な言葉の後に登場したのが……


いかにも凶暴そうなトラ。明らかに敵意のこもった瞳でモーグリをにらみつけます。


崖でひとりたたずむモーグリ。


後ろから迫り来る動物の影は敵か味方か……。


檻に閉じ込められていたと思いきや、モーグリが村人から祭り上げられるというシーンも。


場面は変わり、幼い子どもがオオカミと見つめ合うシーン。


この小さな子どもが幼き日のモーグリのようです。


「あなたが幼い頃、私はあなたの目を見たが、そこに恐怖はなかった」とオオカミがモーグリに語りかけます。


そして大きく成長したモーグリ。


そんなモーグリに、「お前がジャングルに平和をもたらしてくれると信じていた。でも、お前は今、人間の男になるのだ、モーグリ」と、育ての親であるオオカミが優しく語りかけます。


「僕は男じゃない。でも、オオカミでもない」と、人間と動物たちの間で葛藤するモーグリ。


その間にもジャングルでは動物たちが激しい争いを繰り広げ……


人間の脅威も迫ります。


巨大な熊や……


トラ


大蛇など、凶暴そうな猛獣たちの姿も。


人間と動物の間で揺れるモーグリと、迫り来る争いの予感をひしひしと感じさせるようなムービーになっていました。


なお、「MOWGLI」はアメリカで2018年10月19日に公開予定となっていますが、日本での上映については未定です。

・関連記事
ディズニーがいかにアニメを再利用しているのか分かるムービー - GIGAZINE

ディズニーの名作「アラジン」が実写化へ、監督はガイ・リッチーが有力 - GIGAZINE

アニメ映画名作ベスト50映像まとめ、日本からはジブリ作品など9つがランクイン - GIGAZINE

メキシコのジャングルの中から突然ぬっと現れるパレンケ遺跡に行ってきた - GIGAZINE

in 動画,   映画, Posted by logu_ii