映画

ディズニーの「ダンボ」をティム・バートン監督が実写化、サーカスの空飛ぶ子象を描く予告編が公開中


1941年に公開されたディズニー制作の長編アニメーション「ダンボ」の実写映画の予告編が公開されています。監督は「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」「チャーリーとチョコレート工場」で知られるティム・バートンコリン・ファレルエヴァ・グリーンマイケル・キートンらの出演が決定しています。

Dumbo Official Teaser Trailer - YouTube


世界を旅するサーカス団の動物たちが住む宿舎


外を見つめているのは象のジャンボです。


オリから見えるのは、サーカスの動物たちに赤ん坊を連れてきたコウノトリの群れ。


そして、一匹の象の赤ちゃんがコウノトリたちによって運ばれてきました。


サーカスの団員(演:コリン・ファレル)とその子どもたちが様子を見に来ました。


そっと干し草をかき分けると、目がチラリ


「私たちはもう家族よ、どんなに小さくたって関係ないわ」と女の子が語りかけます。


その言葉に、子象のダンボが干し草の山の中からむっくりと体を起こします。その耳はとても大きく、だらりと垂れさがっています。


華やかな音楽とサーカスの出し物


巨大な遊園地「DREAMLAND」


シャンデリアにつかまりながらあでやかな踊りをみせるサーカスの女性(演:エヴァ・グリーン)


ダンボの母親・ジャンボはどこかに連れて行かれてしまいました。


ジャンボを見送るダンボとサーカス団員たち


子どもたちはダンボをなぐさめるように抱きしめます。


アニメ版でも描かれたピンクの象のシーンも実写版で描かれるようです。


サーカスを買収し、ダンボをこき使う起業家(演:マイケル・キートン)


ダンボはサーカスで「空飛ぶ象」として売り出されていました。


観客やサーカスの団員が見守る中……


ダンボは大きな耳を広げ、サーカス会場の中を飛びまわります。


実写版「ダンボ」はアメリカでは2019年3月29日に公開される予定で、日本での公開日は未定となっています。

・関連記事
「トランスフォーマー」の新作映画「バンブルビー」予告編公開、バンブルビーが変形を披露 - GIGAZINE

登場人物から舞台まですべてレゴブロックな長編映画「LEGO ムービー2」の予告編ムービーが公開 - GIGAZINE

くまのプーさんの初実写化映画「プーと大人になった僕」予告編 - GIGAZINE

ディズニーが開発する空中ブランコから華麗にバク宙できる棒状ロボット「Stickman」 - GIGAZINE

ディズニー新作映画「A Wrinkle In Time(五次元世界のぼうけん)」予告編ムービー - GIGAZINE

アニメと実写で「編集」の果たす役割がどう違うのかをディズニーの編集現場から紐解くムービー「How Do You Edit an Animated Film?」 - GIGAZINE

ディズニーの名作「アラジン」が実写化へ、監督はガイ・リッチーが有力 - GIGAZINE

in 動画,   映画, Posted by log1i_yk