映画

よみがえった悪の道化師ペニーワイズと大人になった負け犬クラブの対決を描く「IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。」最終予告編


モダン・ホラーの巨匠であるスティーヴン・キングの小説「IT-イット-」を映画化した「IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。」の最終予告編が公開されています。2017年に公開された「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」の続編となる「IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。」では、前作の27年後に再集結した負け犬クラブと街によみがえったペニーワイズの戦いが描かれます。

IT CHAPTER TWO - Final Trailer [HD] - YouTube


田舎町のデリーでは子どもが行方不明となる事件が多発。子どもを探すポスターが街角に何枚も貼られています。


長い眠りについていたペニーワイズ(演:ビル・スカルスガルド)がよみがえり、再び悲劇が繰り返されているようです。


27年前、ペニーワイズに立ち向かった負け犬クラブのメンバーは……


全員がすっかりいい大人になりました。


「“それ”をとめることはできなかった」と語るマイク(演:イザイア・ムスタファ)


ベバリー(演:ジェシカ・チャステイン)が「ペニーワイズ……」と“それ”の名前をつぶやいた瞬間、楽しそうに杯を酌み交わしていたメンバー全員がはっとした表情を浮かべます。


大きなピエロの顔が目立つ遊園地


ミラーハウスに迷い込んだビル(演:ジェームズ・マカヴォイ)


振り向くとそこには……


かつて自分たちが撃退したはずのペニーワイズの姿が。


よみがえった“それ”に立ち向かうため、血の誓いのもとに負け犬クラブが再び集結します。


窓の外をふわりと飛ぶ赤い風船。


ドスンドスンと振動する冷蔵庫。


「そんなに怖くない」「怖い」「すごく怖い」と血で書かれたドアが3つ。開けたら何が待ち受けているのでしょうか?


無数の赤い風船が空に浮かび上がります。


再び下水道を探検する負け犬クラブ。


27年前に別れのキスを交わしたベバリーとビル。


大人になって再会した2人の関係がどのように変化するのかも気になるところです。


大量の風船に捕まって、空を歩くように飛び回るペニーワイズ。


ベバリーが27年前に住んでいた部屋を訪ねると、迎え出てきたのは現在の住人であるカーシュ夫人でしたが、異様な雰囲気を醸し出したまま、不気味な笑顔を浮かべます。


血にまみれた手


「お前は生きている、ぼくは死んでいる……」と雨がっぱに身を包んだジョージィが何度もささやきます。


全身に血を浴びたベバリー。一体何があったのでしょうか?


27年前と同じように全員で手をつなぎ、天を仰ぎ見る負け犬クラブ。


よみがえったペニーワイズは神出鬼没で、壁のダクトから重力を無視して登場。


ペニーワイズが地上への出口をバタリと閉めてしまい、完全な闇に包まれてしまいます。


果たして負け犬クラブは再びペニーワイズに立ち向かい、街を恐怖から救うことができるのでしょうか?


「IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。」は2019年11月1日(金)から全国で公開されます。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。」予告編全世界同時公開、前作の27年後にまた“それ”が現れる - GIGAZINE

スティーヴン・キングが映画「IT/イット」を激賞する特別映像公開、原作ファンも必見の出来に - GIGAZINE

子どもに襲いかかる邪悪なピエロ、スティーヴン・キング原作ホラー映画「IT-イット-」予告編第1弾がYouTubeで公開中 - GIGAZINE

かつて人を喜ばせる存在だったピエロは今や「恐怖の象徴」として認識されつつある - GIGAZINE

バットマンの宿敵ジョーカーがいかにして誕生したのかを描く映画「Joker」予告編公開 - GIGAZINE

・関連コンテンツ

in 動画,   映画, Posted by log1i_yk

You can read the machine translated English article here.