ゲーム

ポケモンとたまごっちがコラボして「イーブイ×たまごっち」が発売、オリジナルの進化形態も


1996年に発売されて大流行となった電子ペットゲーム「たまごっち」が、大人気ゲーム「ポケットモンスター」とコラボレーション。いつでもどこでもイーブイをお世話できる「イーブイ×たまごっち」が、バンダイから2019年1月26日に登場します。

イーブイ×たまごっち|ネットで発見!!たまごっち 公式ホームページ
http://tamagotch.channel.or.jp/tamagotchi/eievui/


「イーブイ×たまごっち」は2種類用意されています。イーブイカラーの本体と液晶ディスプレイの上から顔をかわいらしくのぞかせるイーブイの顔が特徴的な「だいすきイーブイver.」


赤い本体にポケモンタイプのアイコンやポケモンのシルエットがデザインされている「カラフルフレンドver.」


最初はたまごの状態ですが、しばらくお世話しているとイーブイが誕生。そのあとのお世話の仕方によって、ブースターやシャワーズなど、さまざまなタイプに進化する模様。また、公式サイトによると「ポケットモンスター」には登場しない、「イーブイ×たまごっち」オリジナルの姿も見られるかもしれないとのこと。


公式サイトでは「イーブイらしいお世話がいっぱい!」と、お世話の様子が紹介されています。ごはんにポケモンフードを与えるだけでなく、もふもふのイーブイからたまる毛玉も処理してあげなくてはいけない模様。お世話をサボるとお別れしてしまうのは「たまごっち」と同じで、空っぽになったモンスターボールと「バイバイ」というメッセージが切なすぎ。


「イーブイ×たまごっち」は、だいすきイーブイver.とカラフルフレンズver.の2種類が、2019年1月26日に同時発売されます。メーカー希望小売価格は税抜2300円となっています。

©BANDAI,WiZ
©2018 Pokemon. c1995-2018 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.

・関連記事
「ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ」プレイレビュー、Nintendo Switchのポケモン最新作はどんな感じなのか早速遊んでみた - GIGAZINE

「ポケットモンスター Let’s Go!」対応コントローラー「モンスターボール Plus」を実際に使ってミュウをゲットしてみた - GIGAZINE

「Pokémon GO」からポケットモンスター Let’s Go!へポケモンを送って遊べる「GOパーク」へ実際にポケモンを転送してみた - GIGAZINE

無料で「たまごっち」などレトロな携帯ゲームをブラウザ上で楽しめる「Handheld History」 - GIGAZINE

みんなで同時に「たまごっち」を育成できるコンテンツが登場、過疎ってトイレが流せない状態に - GIGAZINE

Apple Watchで「たまごっち」を育成すると必ずカンストデブになってしまうことが判明 - GIGAZINE

「たまごっち」誕生10周年記念商品「たまてんばこ」 - GIGAZINE

バンダイとウィルコムの子ども向けPHS端末「キッズケータイpapipo!」 - GIGAZINE

in ゲーム, Posted by log1i_yk