試食

銀世界をイメージしたほっこり温まるスタバ新作「ホワイト チョコレート スノー」と「ホワイト チョコレート スノー フラペチーノ」試飲レビュー


「銀世界が広がったホワイトクリスマスに憧れを抱いた記憶は、きっと多くの人々の心の中にあるはず」ということで、降り積もった雪のようなグラデーションを表現した「ホワイト チョコレート スノー」「ホワイト チョコレート スノー フラペチーノ」が2018年11月22日(木)からスターバックスに登場しています。一足先にクリスマス気分にひたれるドリンク2種をさっそく飲んできました。

クリスマスの特別感に火を灯す、スターバックスのホリデー第二弾クリスマスに降る雪を見て、心が高鳴る気持ちを思い起こすビバレッジ!『ホワイト チョコレート スノー フラペチーノ®』『ホワイト チョコレート スノー』を11月22日(木)より発売
http://www.starbucks.co.jp/press_release/pr2019-2827.php

スターバックスに到着。


店頭にはホワイトチョコレートスノーの写真が掲げられていました。


ということで注文し、ドリンク2種を受け取ります。どちらもドリンク部分は真っ白で、まさにカップの中は銀世界といえそう。


寒くなってきた季節にほっこりすべく、まずはホットドリンクの「ホワイト チョコレート スノー」から飲んでみます。


カップの上には溶け出したホイップクリームと小さなマシュマロ。全てが白なので判別しづらいですが、マシュマロにはホワイトチョコレートソースが絡んでいます。


ホワイトチョコレートスノーに使用されているカカオ分は0.5%未満とのことで、チョコレートというよりは「牛乳あめを溶かして作ったとろりとした液体」という感じ。ミルクの風味がめちゃめちゃ強いので、好きな人にはたまらないはず。甘さがかなり強いので、甘いお菓子と合わせるというより、これ単体をデザートとして飲めそうでした。


続いて「ホワイト チョコレート スノー フラペチーノ」


カップ側面を見てみたところ、特徴あるものは見当たらず、全てが真っ白。


カップの上にはたっぷりのホイップクリームと、マシュマロ、ホワイトチョコレートソース、銀箔でコーティングしたシルバートッピング。


クリームだけを口に入れてみると、ふわっとした優しい甘さのクリームがホワイトチョコレートソースと合わさって絶妙なミルキーさ。シルバートッピングはパフのようなサクサクとした食感で、見た目からはわかりませんでしたが、ホワイトチョコレートスノーでも同じ食感を感じました。


フラペチーノのベースはさっぱりしたミルク風味。こってりと甘いホワイトチョコレートスノーと比べると、フラペチーノは冷たさもあってかあっさりした仕上がりだと感じました。


……が、カップの底にはホワイトチョコレートソースがたまっていたようで、ストローを使って飲むとコクのあるまったりした甘さが口に広がります。トッピングだけでなくカップの中にもたっぷりマシュマロが入っているので、食感も楽しめる一品でした。


なお、ホワイト チョコレート スノーはショートが税抜440円、トールが税抜480円、グランデが税抜520円、ベンティが税抜560円。ホワイト チョコレート スノー フラペチーノはトールサイズのみで税抜580円となっています。いずれも12月25日(火)までの提供です。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
世界初、80年ぶりとなるチョコレートの新フレーバー「ルビー」を使ったキットカットを食べてみました - GIGAZINE

秘密の暗号キーを入手しないと入れない地下階段を下りた先にある謎のカフェ「エンジェル ライブラリー」に行ってきました - GIGAZINE

チョコミン党の聖地「Cafe1001」はあらゆる角度からチョコミントが攻めてくる - GIGAZINE

徹底的にミントリキュールとチョコにこだわり自作のチョコミントを作ってみた - GIGAZINE

カカオ豆からチョコレートを作る風景がじっくり見られる「Cacaotier Gokan」に一足早く行ってきました - GIGAZINE

バレンタインを目前にチョコレートを使ったソフトクリーム&アイス約40種類を阪急百貨店で買いまくって食べてみました - GIGAZINE

in 試食, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.