試食

甘辛いピリ辛味噌ダレと豚バラ肉でご飯が進む「回鍋肉定食」を松屋で食べてみた



豚バラ肉とキャベツなどの野菜をピリ辛味噌ダレで炒めた「回鍋肉定食(ホイコーローていしょく)」が松屋で2018年6月5日(火)から登場しています。回鍋肉は鉄板で炒めて調理したもので、コクと甘みが感じられるピリ辛味噌ダレでご飯がすすむという定食を食べてみました。

回鍋肉定食新発売!|松屋フーズ
https://www.matsuyafoods.co.jp/2018/05/30/4365/

松屋に到着。


お店の前には「旨辛!!」というフレーズと共に回鍋肉定食の登場を知らせる垂れ幕があります。


回鍋肉定食は小鉢がセットになっていて、「半熟玉子」か「キムチ」のどちらかを選択することができます。


今回は「キムチ」を選択。


店員さんに食券を渡してから、4分ほどで回鍋肉定食(税込650円)が到着。回鍋肉定食は、小鉢・店内で食べると無料のみそ汁・ご飯・回鍋肉がセットになっています。


回鍋肉は、豚バラ肉とキャベツ、人参、玉ねぎを鉄板で炒め、全体に「ピリ辛味噌ダレ」が絡められてます。味噌の甘辛さとピリ辛な味付けを思わせる芳ばしい香りとニンニクが香り、食欲をそそります。


ピリ辛味噌ダレは、甘辛い味噌風な味付けで名前の通り「ピリ辛」。辛いものが苦手な人は難しいしれませんが、ピリ辛な味付けが甘辛い味付けに刺激を加えます。ニンニクが効いているので、人と会う前などは避けた方が良いかもしれません。


豚バラ肉は、柔らかくて、ピリ辛味噌ダレとよく絡まっています。豚肉のうま味と甘辛いピリ辛味噌ダレの相性は当然グッド。


キャベツは火を通していますが、みずみずしくて、シャキシャキした食感で素材の味を活かしています。


人参、玉ねぎなどの野菜は、火を通して甘さがさらに増しています。ピリ辛味噌ダレと合わさって、キャベツなどの野菜も十分なおかずになっています。


甘辛くてピリ辛な回鍋肉はご飯が欲しくなります。コクと甘みが感じられるピリ辛味噌ダレをからめた回鍋肉で、「ごはんがすすむ」というのは確か。回鍋肉定食はライス大盛への変更が無料です。なお、大盛無料のサービスは2018年6月19日(火)10時までまでとなっています。


「回鍋肉定食」は、「単品」(税込560円)、肉と野菜の量が2倍でライス大盛または特盛が無料の「回鍋肉W(ダブル)定食」(税込1050円)も用意されています。なお、回鍋肉定食は全国の松屋で注文可能ですが一部の店舗、大井競馬場店、西宮名塩SA店、関西学院大学店などでは注文できないので注意してください。

・関連記事
松屋謹製タルタルソースを鉄板で焼き上げたジューシーな鶏もも肉にかけた「和風タルタルチキン定食」を食べてみた - GIGAZINE

牛めしに3種のチーズと炭水化物というジャンキーな「旨辛チーズポテト牛めし」を松屋で食べてみた - GIGAZINE

「牛めし」の松屋が中華料理に乗り出した「松軒 中華食堂」へ行ってきた - GIGAZINE

リニューアルして復活した松屋「ビビン丼」の甘辛い牛肉と半熟玉子をまぜまぜして食べてきた - GIGAZINE

実質約3割値上げの松屋の「プレミアム牛めし」と「牛めし」を食べ比べてみた - GIGAZINE

冷凍牛丼三国志、吉野家の牛丼・松屋の牛めし・すき家の牛丼を食べ比べてみた - GIGAZINE

松屋の牛めしバーガーが品薄状態だったもののついに届いたので食べてみた - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1f_yi