試食

とろ~りチーズとピリ辛鶏肉をまぜまぜして食べる松屋「チーズタッカルビ定食」を食べてみた


2018年1月23日(火)10時から松屋で新メニューの「チーズタッカルビ定食」が登場しました。チーズタッカルビ定食は甘辛い香辛料ソースと鶏肉、とろ~りと溶けた濃厚なチーズを使ったチーズタッカルビがメインの定食です。チーズタッカルビは、鶏肉の他にキャベツ、ニンジンなど具が豊富に含まれており、チーズと香辛料ソースがかかった具を絡めて食べるメニューとなっています。松屋のチーズタッカルビを実際にまぜまぜして食べてきました。

チース゛タッカルヒ゛定食新発売!|松屋フーズ
https://www.matsuyafoods.co.jp/2018/01/17/4142/

松屋に到着。


お店の前には、新メニューのチーズタッカルビ定食のポスターが掲げられていました。


チーズタッカルビ定食は「にんにく」が入っていること、そして辛いメニューであること示す注意が記載されていました。人と会う前や辛い食べ物が苦手な人が食べる場合は注意した方が良さそう。


店内の券売機でチーズタッカルビ定食(税込み730円)を注文します。発売日から2週間、2018年1月23日(火)10時から2018年2月6日(火)10時まで、ライス大盛無料サービスを実施中なのでライスを大盛りで注文しました。なお、特盛への変更には別途40円が必要。チーズタッカルビ定食はプラス390円で肉の量が2倍でライスの大盛り・特盛りが無料のチーズタッカルビW(ダブル)定食も用意されています。


6分ほどでチーズタッカルビ定食が到着。サイドメニューは生野菜がありプラス40円でポテトサラダに変更できます。


サイドメニューは他に、おわんにはみそ汁が入っており、ご飯がセットに含まれています。


メインのチーズタッカルビを食べてみます。


チーズタッカルビの器はiPhone 7の長辺と比べるとこんな感じ。


上にはチーズがかけられており、緑色の刻みネギが振りかけられています。端から赤いコチュジャンを使った香辛料ソースが絡まった具が見えています。


チーズの下には赤い香辛料ソースを絡めた鶏肉が入っており……


キャベツ、ニンジン、タマネギなどの野菜も入っており具だくさんです。


好みの加減で混ぜて食べてみます。


食べてみると、甘辛い香辛料ソースと、とろとろのチーズのコクが相性がピッタリで、ゴロッと入っている鶏肉と野菜で食べ応えがあります。


甘辛い香辛料ソースが絡んだチーズタッカルビでご飯が進み、無料で頼んだ大盛りご飯をペロリと平らげられました。


チーズタッカルビ定食は一部店舗を除く全国の松屋で期間限定で発売中。「チーズタッカルビ定食」は価格が税込み730円で、「チーズタッカルビ単品」は価格が税込み530円。そして鶏肉の量が2倍の「チーズタッカルビW(ダブル)定食」は価格が税込み1120円となっており、チーズタッカルビW定食はライス大盛または特盛が無料で変更可能となっています。なお、チーズタッカルビ定食はどちらも持ち帰り可能ですが、持ち帰りの場合はみそ汁はセットに含まれないので注意。記事作成時点で販売終了期間が未定の期間限定メニューなので、気になった人は早めに味わっておいたほうが良さそうです。

販売していない店舗は以下の通りなので、この他のお店も心配な場合は事前に確認しておいた方が良さそうです。
大井競馬場店
西宮名塩SA店
天理PA上り線店
関西学院大学店
イオンスタイル豊田店 など

・関連記事
リニューアルして復活した松屋「ビビン丼」の甘辛い牛肉と半熟玉子をまぜまぜして食べてきた - GIGAZINE

4種のチーズをブレンドしたソースが旨辛チキンにまったりとからむ「デニーズ風チーズタッカルビ」を食べてきた - GIGAZINE

カレーが今にも丼からあふれそうな京都の老舗食堂「京一本店」の名物メニュー「カレー中華」を食べに行ってきました - GIGAZINE

醤油ダレの絡んだサバの竜田揚げが丸ごと挟まれズッシリ重い「ドムフィッシュバーガー 鯖タツタ」をドムドムバーガーで食べてみた - GIGAZINE

「追いカラムーチョ」と特製スパイスで辛さ20倍まで調整可能なカラムーチョ火”ヒー”鍋など、カラムーチョと土間土間のコラボメニュー全8種を制覇してきた - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1f_yi