試食

松屋謹製タルタルソースを鉄板で焼き上げたジューシーな鶏もも肉にかけた「和風タルタルチキン定食」を食べてみた


鶏もも肉に、タルタルソースと生姜ダレをかけた「和風タルタルチキン定食」が2018年5月22日(火)から松屋で登場しています。鉄板で焼き上げたジューシーな鶏もも肉にたっぷりの玉子とシャキシャキ食感の玉ねぎとをかけた一品を食べてみました

和風タルタルチキン定食新発売!|松屋フーズ
https://www.matsuyafoods.co.jp/2018/05/16/4358/

松屋にやってきました。


お店の前には「激ウマ!!松屋謹製タルタルソース」というキャッチコピーで、「和風タルタルチキン定食」の登場を知らせる垂れ幕があります。


店員さんに食券を渡すと、3分ほどで「和風タルタルチキン定食」(税込630円)が到着。この定食は、和風タルタルチキン・ライス・みそ汁・生野菜がセットとなっています。テイクアウトも可能ですが、店内で食べると無料でみそ汁がセットになります。


これがメインの和風タルタルチキン。タルタルソースと玉ねぎがかけられて、刻みのりが散らされています。


器の大きさは、iPhone 7(長辺13.8cm)と比べるとこんな感じ。チキン全体に刻みのり、タルタルソースがかけられて、その下に玉ねぎが敷かれているのがわかります。


鉄板で焼き上げた鶏もも肉は、おいしそうな焼き目が付けられています。


鶏もも肉にはタルタルソースの他にも、醤油系の生姜ダレがかけられていています。


鶏もも肉は柔らかくてジューシー。タルタルソースはマヨネーズのような味付けでクリーミーさと酸味をプラスして、サッパリと食べられます。ポン酢のような味付けの生姜ダレで味が単調になっていないのもグッド。


鶏もも肉は分厚くてボリュームがあります。火を通していながらも、肉のパサつきは皆無でしっとりと仕上がっています。肉自体に力強い味付けはないので、良い意味でタルタルソースと生姜ダレの味に染まっています。


玉ねぎは熱を通していながらもシャキシャキした食感を保っていて、鶏肉に甘さと歯ごたえをプラスしていて、この定食にはなくてはならないサポート役。


クリーミーなタルタルソースと醤油系の生姜ダレが合わさったジューシーな鶏もも肉でご飯が進む定食になっていました。


なお、「和風タルタルチキン定食」は、無料でライスを大盛に変更可能なサービスを2018年5月29日(火)15時まで実施しています。ちなみに、「和風タルタルチキン」単品は税込430円。肉の量が2倍でライス大盛または特盛が無料の「和風タルタルチキンW(ダブル)定食」(税込930円)も用意されています。「和風タルタルチキン定食」と「和風タルタルチキンW(ダブル)定食」には生野菜がセットになっていますが、共にプラス40円でポテトサラダに変更可能となっています。

・関連記事
牛めしに3種のチーズと炭水化物というジャンキーな「旨辛チーズポテト牛めし」を松屋で食べてみた - GIGAZINE

「牛めし」の松屋が中華料理に乗り出した「松軒 中華食堂」へ行ってきた - GIGAZINE

リニューアルして復活した松屋「ビビン丼」の甘辛い牛肉と半熟玉子をまぜまぜして食べてきた - GIGAZINE

実質約3割値上げの松屋の「プレミアム牛めし」と「牛めし」を食べ比べてみた - GIGAZINE

松屋の牛めしバーガーが品薄状態だったもののついに届いたので食べてみた - GIGAZINE

冷凍牛丼三国志、吉野家の牛丼・松屋の牛めし・すき家の牛丼を食べ比べてみた - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1f_yi