×
試食

角煮のようにふわとろな厚切り豚とホカホカ温野菜に濃厚ソースが相性抜群な松屋「ふわとろ豚と温野菜定食」を食べてみた


牛丼チェーンの松屋から2018年3月6日(火)より「ふわとろ豚と温野菜定食」が登場しています。白菜やにんじんなどの温野菜に厚切りの豚肉をのせ、最後に松屋特製ソースをかけたご飯の進むメニューとのことで、早速食べて確かめてみました。

ふわとろ豚と温野菜定食新発売!|松屋フーズ
https://www.matsuyafoods.co.jp/2018/02/28/4213/

松屋に到着。


店の前には、「ふわとろ豚と温野菜定食」の写真が飾られていました。


券売機で購入した食券を店員さんに渡してから、5分ほどで「ふわとろ豚と温野菜定食」が到着。


「ふわとろ豚と温野菜」は白菜やタマネギなどの温野菜が皿に敷き詰められ、その上に厚切りの豚肉と刻みネギがのせられています。


「ふわとろ豚と温野菜」の皿をiPhone 6sと比べるとこんな感じ。


定食には生野菜とご飯、そしてみそ汁がセットになっています。


豚肉は箸でつまむとフワフワとした感触が手に伝わり、柔らかくなるまで煮込まれているのがわかります。


試しに箸で豚肉を切ってみると、脂身の部分から簡単に切ることができました。


豚肉を食べてみると、柔らかい食感の豚から肉のうま味がじわりとしみ出してきて、まるで豚の角煮を食べているような気分。ソースは濃厚な味でついついご飯を一緒に食べたくなります。


温野菜自体には味が付けられておらず、食べていると野菜本来の甘みが強く感じられます。肉と野菜を交互に食べていると、最後まで飽きることなくいつの間にか食べ終わってしまいました。ご飯とサラダ、みそ汁もあるので昼ご飯にピッタリのボリューム。


「ふわとろ豚と温野菜定食」は2018年3月6日(火)から一部店舗を除く全国の松屋で提供開始となっており、普通の定食で680円(税込)、豚肉の量が2倍でライスの大盛りまたは特盛りに無料で変更できるW定食は980円(税込)、ライスをミニライスに変更すると650円(税込)です。また、「ふわとろ豚と温野菜定食」を注文した人限定で、プラス40円(税込)でサラダにポテトサラダをプラスすることが可能。ふわとろ豚と温野菜を単品で注文する場合は480円(税込)となっています。

・関連記事
健康が気になるけど牛丼が食べたい人にピッタリな吉野家の機能性表示牛丼「ペプ牛&GABA牛」を普通の牛丼と食べ比べてみました - GIGAZINE

からあげグランプリ最高金賞の「鶏笑」が監修した「チキン南蛮タルタルバーガー」をロッテリアで食べてみた - GIGAZINE

磯の香りたっぷりなあさりとピリ辛バター風味スープが相性バツグンのなか卯「あさりうどん」を食べてみた - GIGAZINE

マックのフライドポテトにチーズボロネーゼソースをかけた期間限定メニュー「カケテミーヨ チーズボロネーゼ」を食べてみた - GIGAZINE

「絶品対決」と銘打って極上食材をぜいたくに使った大阪王将「極上うなぎ炒飯」「極上サーロインステーキ炒飯」を食べてみた - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1h_ik