ゲーム

NEOGEOの復刻版「Neo Geo Mini」はアーケード型のミニゲーム機というリーク情報


SNKが40周年を記念して「NEOGEOの人気タイトルを収録した新しいゲーム機」のリリースを予告していましたが、YouTuberのスポウン・ウェイブ氏が、独占情報として「Neo Geo Mini(仮称)」について、匿名で寄せられた情報を公開しています。

SNK Neo Geo Mini Revealed (Exclusive) - YouTube


2018年4月18日にSNK JAPANが、40周年記念に新しいゲーム機の登場を予告するツイートを行っていました。「ニンテンドークラシックミニ」などと同様にNEOGEOも小型の復刻ゲーム機(Neo Geo Mini)をリリースするのではないかと予想できました。


ウェイブ氏は「信頼できる情報源」からメールでNeo Geo Miniに関する情報を独占入手したとのこと。


これがNeo Geo Mini。アーケードゲーム機のミニチュア版といった外観で、ジョイスティックと2+2ボタンだけでなく、3.5インチディスプレイを搭載します。


Neo Geo Miniはディスプレイやコントローラーを搭載したマシンですが、外部ポートによってディスプレイやコントローラーを外付けすることが可能です。


対応するゲームパッド


そして、Neo Geo Miniに搭載される40種類のタイトルはこんな感じ。SNK JAPANのツイートにあるザ・キング・オブ・ファイターズ(KOF)、餓狼伝説、サムライスピリッツ、メタルスラッグの各シリーズが確認できます。


充実したタイトルが収録されるNeo Geo Miniですが、ディスプレイ搭載ということで価格は比較的高くなり、ウェイブ氏は100ドル(約1万1000円)から150ドル(約1万6000円)と予想しています。なお、信頼できる情報筋からのリークですが、真偽のほどは不明。ウェイブ氏によると「もしもこのムービーが取り下げられたら、今回の情報は100%正しいと思ってね」とのことです。


◆2018/05/10追記
SNK JAPANから「NEOGEO mini」の正式発表がありました。


「NEOGEO mini」は、1990年に誕生したゲームプラットフォーム「NEOGEO」の多彩なラインアップの中から、名作・傑作タイトルを40作品内蔵したゲーム機です。ゲーム機本体に、3.5インチの液晶ディスプレイを搭載しており、TVモニターに接続しなくても好きなゲームをお楽しみいただけます。手のひらに乗るコンパクトなサイズで、外観デザインは、日本版(日本、アジア地域で販売)と海外版(北米、欧州、その他地域で販売)の2種類を用意。日本版は、1990年代に登場したNEOGEOのアーケード筐体をモチーフに、青、白、赤の配色でデザイン。海外版は、黒、白、青を基調にしたシンプルでモダンなデザインです。

今なお色褪せないNEOGEOの名作・傑作タイトルを、「NEOGEO mini」でぜひお楽しみください。
なお「NEOGEO mini」の発売時期や収録タイトルなどの詳細については、今後発表いたしますのでご期待ください。


リーク情報にあったのは海外版の「NEOGEO mini」で、カラーの異なる日本版も登場。アーケード筐体型の名作40作入りのレトロゲーム機として登場します。

・関連記事
ニンテンドークラシックミニの海外版が生産終了で、メディアから「なぜ?!」「任天堂は金儲けするつもりがない」などの声 - GIGAZINE

手のひらサイズのスーファミ「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」発表、日本では10月5日発売 - GIGAZINE

あのファミコンが小型化した「ニンテンドークラシックミニ」レビュー、懐かしさの中で感じるゲームの進化 - GIGAZINE

「100メガショック」で有名なネオジオが生誕20周年、終了していたサポートの受付を再開 - GIGAZINE

10万円を超えるものまで存在する、圧倒的プレミアがついたゲームソフト - GIGAZINE

世界最小のキーホルダーサイズでファミコン・スーファミ・ゲームボーイ・GBAをプレイ可能なエミュレーターがスゴイ - GIGAZINE

in ハードウェア,   動画,   ゲーム, Posted by logv_to