石けんを削ることで脳がトロけるぐらい気持ち良く感じる現象「ASMR」として流行中


石けんをナイフやカッターなどで薄く削ることによる「削る感触」や「音」が、脳がトロけるぐらい気持ち良く感じる反応「ASMR」であるとして人気を集めており、SNSなどで広がりを見せています。Twitterでは気持ちよさをつぶやくことでその気持ちを共有し、YouTubeやInstagramでは削る様子をアップロードしたムービーがあり、中には再生数が1300万回を超えるものもあります。なぜ「石けんを削る」というシンプルな行為にこれほど魅了されるユーザーが多数いるのか、その魅力についてを多くのユーザーが語っています。

'It's weirdly mesmerising': a quick guide to the soap cutting trend | Life and style | The Guardian
https://www.theguardian.com/lifeandstyle/shortcuts/2018/feb/04/soap-cutting-trend-quick-guide

Why watching people carve soap is the latest soothing way to have a 'braingasm'
https://www.thesun.co.uk/fabulous/5513355/why-watching-people-carve-soap-is-the-latest-soothing-way-to-have-a-braingasm/

Soap-Cutting Videos Are The Latest ASMR-Inducing Video Trend Taking Over Social Media
https://www.bustle.com/p/soap-cutting-videos-are-the-latest-asmr-inducing-video-trend-taking-over-social-media-8149437

「石けんをナイフなどで削る」という意味のキーワード「soap cutting」でYouTubeやInstagramを検索すると、手洗い用の石けんを削っている手元を映したムービーが約50万件ヒットするほど、石けんを削る映像は人気を集めています。

soap cutting - YouTube


ムービーの中には、収録時間が45分以上の大作のムービー「ASMR Soap carving」もあり、公開から約1年半で再生数が1300万回を超えているほど。また、別のムービー「Satisfying Soap Cutting/ Carving Compilation」は公開2週間たらずで再生回数が65万回を超えており、石けんを削る音や風景、追体験などに魅了されているユーザーが多数いることが伝わってきます。

ASMR Soap carving - YouTube


このような石けんをナイフなどで削る行為がASMRである、とする意見があります。ASMRは「Autonomous Sensory Meridian Response」(自律感覚の絶頂的反応)という用語を略したもので、美女のささやき声や雨の音、暖炉でまきが燃える音、ハサミで髪の毛を切る音や紙をひたすらめくる音など、何らかの音を聴いているうちに心が落ちつき、リラックス状態を経てある種の快感を得る現象のことを指します。

ASMRによって「気持ち良い」と感じる音は人により違うのが特徴で、中には男性が絵を描き上げる番組「ボブの絵画教室」に登場するボブ・ロス氏の声が気持ち良いという人もいます。

「ボブの絵画教室」の声を聞くと脳がトロけるように感じてしまう現象「ASMR」とは? - GIGAZINE


ASMRの多くは「音」に対する表現ですが、「音」だけでなく石けんを削るという「行為」も含めて「ASMR」と捉えている人も多くいます。石けんを削ることに魅了されたアメリカのメリーランド州に住む女性Kaelinさんは、その様子をムービーに撮ってInstagramのアカウント@soapydopey416で公開しています。Kaelinさんは、「この行為にはやみつきなる魅力があり、削っている間はしばらく物事を忘れ、石けんをカットする感触と音に集中することができます」と語っています。

イギリスのリーズに住む女性Nazishさんは、この行為によりとても安心できるようです。NazishのInstagramにインスタグラムのアカウント@asmr.crackleで主に石けんを削るムービーを投稿しています。このアカウントは、Nazishさんが持つ悩みが切っ掛けで作成されました。Nazishさんは、「このアカウントは私の不安と不眠症を和らげるためのアートセラピーとして始めました。石けんを削ることは、私にとってASMRの『落ちつく音』、例えばホワイトノイズのような音の替わりです」と、石けんを削ることで快感を得ていることを語ります。この行為で落ちつくのはNazishさんだけではないようで、Nazishさんの石けんを削るムービーを公開しているInstagramアカウントには9万人を超えるフォロワーが集まっています。

Asmr.crackleさん(@asmr.crackle) Instagram写真と動画


NazishさんはInstagramのムービーで、石けんの削り方に複数のバリエーションを加えて公開しています。


こちらでは、丸い石けんを用意して表面の溝に沿って削っています。


石けんに編み目状の切れ込みを無数に入れて……


薄く削ってボロボロとくずします。


別のムービーでは、石けんを薄く削って両手で持ち……


握りしめて割り、パキパキという音を鳴らしています。


他のユーザーの中には、石けんをバラバラにすることに気持ちよさを感じる人もいるようです。

Kate & Ken the Crab さん(@lushtoomuch)がシェアした投稿 -


Nazishさんは、フォロワーのリクエストに応えるようにムービーを撮っており、「視覚的にも音でもユーザーが満足するように心がけています。また、これらのムービーは多くの人々にASMRへの入門ムービーになるかもしれません」と語ります。

ロシアに住むDashaさん(@soap_asmr_ru)は、「ロシアでは、趣味を持つことは非常に高価です。石けんを削るのは催眠に似ています」とコメントし、ひと月で100ドル(約1万円)を石けんを削るために使っているとのこと。一方で費用を抑えている人もおり、前述のKaelinさんは「TK Maxxで安いデザイナー石けんを買っています」と費用を抑えている様子を語ります。また、多くのフォロワーを抱えるNazishさんは「私はできるだけ石けんをリサイクルして、再使用したり、別の用途に使用ています」と語っており、費用のかけ方にはいろいろなパターンがあることがわかります。

Twitter上では「私は、約6年間Instagramをしていますがやっとお気に入りのアカウントを見つけられました。彼女のアカウント@asmr_soap_princessは、石けんを切るのに専念しているアカウントでとても満たされます」というように、ユーザーの中には石けんを削るムービーを見るだけでなくファンができたりして交流をするという楽しみ方があるのも伺えます。


「石けんを削る」というシンプルな行為は、それぞれのユーザーが持つ趣向にあわせた削り方や楽しみ方の裾野の広さ、選択ができる幅があり、SNSなどを通して広がっているようです。

・関連記事
「ボブの絵画教室」の声を聞くと脳がトロけるように感じてしまう現象「ASMR」とは? - GIGAZINE

Instagramで娘のセクシー自撮り投稿を止めるべく同じ構図の写真を1年以上投稿し続けるお父さん - GIGAZINE

Twitchにお絵かき実況チャンネルが登場して「ボブの絵画教室」全話マラソン開催中、「ね、簡単でしょう?」 - GIGAZINE

なぜ「録音した声」は普段の声とまるで違うものに聞こえるのか? - GIGAZINE

切断された「足」がInstagramアカウントを開設、人生を楽しむ - GIGAZINE

バースデーケーキのように頭に火をつけるイタズラ - GIGAZINE

Appleが公式Instagramアカウントを開設、一体何を投稿しているのか? - GIGAZINE

ラッカセイを無理やり口に押し込んでほおばるシマリス - GIGAZINE

in 動画,   メモ, Posted by log1f_yi