ソフトウェア

AIを使用した地震検知が従来方式の17倍以上の地震を検出することに成功

By European Commission DG ECHO

アメリカの研究チームは人工知能(AI)を使って地震の検出と位置特定をするシステム「ConvNetQuake」を開発しました。従来のシステムは体感できないほど小さな地震を検知することを苦手としていましたが、「ConvNetQuake」はAIを使用することで、大小さまざまな地震を検知することが可能になったと、海外メディアのFuturismが報じています。

A New AI Detected Seventeen Times More Earthquakes Than Traditional Methods
https://futurism.com/ai-earthquakes-traditional-methods/

日本だけでなく、アメリカにおいても地震が数多く発生しており、南カリフォルニアだけでも毎年約1万回の地震が発生しているとのことです。しかし、その地震の多くは体感できるものでもなければ、自然発生したものでもないそうで、石油・ガス業界の企業により、産業排水を地下深くに注入していることを原因としています。


「ConvNetQuake」はディープラーニングによる地震の検出と位置特定を行うシステムです。特殊なアルゴリズムを用い、揺れが自然発生によるものか人為的なものかを地震動の測定値から区別するものとなっています。実際にオクラホマ州の地震活動を調査したところ、オクラホマ州地質調査所の「Earthquake Catalogs」で記録されている地震の数の17倍以上の地震を検知できたとのことです。


この調査では「ConvNetQuake」がアメリカ中部の地震の検出に適用され、検出結果の改善に役立っていますが、「ConvNetQuake」はさらに広範囲に適用される可能性があります。今後、地震活動をさらに効果的に検出し分類することができれば、地震発生の予兆を検出して重要な情報をいち早く提供し、周囲の人々に警告することが可能になると考えられます。

しかし、「ConvNetQuake」はこれから起こる地震の発生を予測することはできません。地震を予測できる技術が開発されるまでは、このシステムを活用して、地震を早期発見することで、被害を最小限に抑えることが重要になるとFuturismの記者は述べています。

・関連記事
2018年は大地震が多発すると地質学者が警告、その理由とは? - GIGAZINE

3.11を1000本超の動画でふりかえる「東日本大震災公開動画検索システム」 - GIGAZINE

災害が発生すると自動的に家族や大切な人の居場所を共有してチャットもできる防災アプリ「ココダヨ」 - GIGAZINE

地震からゾンビ発生まで、あらゆる世界の終末に対処できる「非常用バックパック」の作り方 - GIGAZINE

災害発生時にネットなどで情報を入手したり安否情報を確認するための方法やリンクまとめ - GIGAZINE

・関連コンテンツ

in ソフトウェア, Posted by log1j_ty