レビュー

無料でGoogle AnalyticsのアラートをリアルタイムにGmailやTwitter・SMSなどで通知する「Metric.live」を使ってみた


自分で作ったウェブページを公開したとき、想定しているアクセスより異常なほど高くなっていたり、低くなっていたりすると、何か問題が発生している可能性があり、そうした状況はリアルタイムで知りたいものです。Google Analyticsを使う場合はリアルタイムでのアラートの通知ができないため、確認するには一定間隔で状況を目で追うか、別のソフトウェアなどで監視する必要があります。「Metric.live」ではリアルタイムでアラートを通知できるほか、GmailやSMS、Twitterなどに通知できるとのこと。実際に使って試してみました。

Metric.live: advanced periodic and real-time alerts for Google Analytics
https://metric.live/

◆登録
上記URLにアクセスして、中央の「GET STARTED FOR FREE」をクリック。


登録画面が表示されるので、「First Name」と「Last Name」に氏名、「Email Address」に自分のメールアドレス、「Password」と「Re-type Password」に設定するパスワードを入力後、「accept the Terms & Conditions of use」にチェックを入れ、「Let's get Started」をクリック。


登録が完了すると、Google Analyticsのアカウントと紐付ける必要があるので、「Connect Google Analytics Account」をクリックし……


「Add Google Analytics Account」をクリック。


Googleのログイン画面が表示されるので、「メールアドレスまたは電話番号」にGoogle Analyticsで使用しているメールアドレスを入力し、「次へ」をクリックします。


続いてパスワードを入力して、「次へ」をクリック。


最後に「許可」をクリックして、登録完了です。


◆アラートを設定する
まず、アラートを作成するには、左上にある「Manage Alerts」をクリックします。


アラート作成画面が表示されたら、「Create New Alert」をクリック。


ここでは、一度でもアクセスがあったら、リアルタイムで通知するアラートを作ってみます。「Real-Time Alert」をクリックします。


「Alert label」にはラベル名を入力します。ここでは「情報」と入力して、下にスクロール。


なお、「ALERT TRIGGER」で通知条件を変更可能で、デフォルトで「アクティブユーザー数が0より多くなればアラートを通知する」という設定になっています。「アクティブユーザー数」以外には、「ページビュー数」「トータルイベント数」を選択でき、条件式もいろいろと指定することが可能です。今回は1回でもアクセスがあれば、アラートを通知するようにするため、条件の変更は行いません。


通知方法は「Email」「Text Message」「Twitter DM」「Slack」「Webhook」が選択できますが、ここでは「Email」「Text Message」「Twitter DM」にチェックを入れます。次に「Email Address」に通知を受信したいメールアドレス、「Mobile phone numbers(international format)」に携帯電話番号(国際電話番号表記)、「Twitter handles」にTwitterのIDを入力して、「Update Alert」をクリックします。


「Manage Alerts」の画面が表示されたら準備完了です。


次に、Google Analyticsで監視しているウェブサイトにアクセスします。


すると、メールにアラートの通知が届き……


Twitterのダイレクトメッセージや……


SMSで通知が届きました。


「Metric.live」ではリアルタイム通知以外にも、アラート作成画面で「Standard Alert」を選択すると……


「日単位」「週単位」「月単位」のアラートを設定できるほか、計測する値も「ユーザー数」以外に「ページビュー数」「ユニークページビュー数」などを通知条件にすることが可能です。


「Metric.live」を無料で利用する場合、設定できるアラートの数は5つで、SMSによる通知は1カ月あたり10件まで、リアルタイムチェックのチェック間隔は9分となっています。SMSでの通知が必須でなく、チェック間隔や作成するアラートの数に問題なければ無料でも問題ない印象。


なお、「Metric.live」の有料プランでは、プランの内容に応じて設定できるアラートの数が増えるほか、1カ月あたりに送信できるSMSの数が増加し、リアルタイムでチェックする間隔が短くなります。「Premium」プラン以上になると一度アラートを出してから再チェックが開始するまでの間隔は5分になります。利用料は「Plus」プランが月額12ドル(約1300円)、「Premium」プランが月額29ドル(約3200円)、「Pro」プランが月額79ドル(約8600円)です。

・関連記事
誰かが自分のウェブページにアクセスしたら音が鳴るChrome用アドオン「Startup Bell」を使ってみた - GIGAZINE

簡単にレポートを作成できる「Googleデータスタジオ」を使ってみた - GIGAZINE

GoogleがiOS向け「Google Analytics」公式アプリをリリースしたので使ってみた - GIGAZINE

Google Analyticsで自分のページの解析結果がすぐにわかるGoogle公式Chrome拡張機能「Page Analytics (by Google)」 - GIGAZINE

プログラマーたちが使った開発ツール2016年トップ50のランキング「Top 50 Developer Tools of 2016」をStackShareが発表 - GIGAZINE

in レビュー,   ネットサービス, Posted by log1j_ty