×
試食

限定復活した丸亀製麺の没メニュー「クラムチャウダーうどん」を食べてきた


2018年1月24日(水)より、丸亀製麺で「クラムチャウダーうどん」が1週間限定で登場します。「クラムチャウダーうどん」は試作・開発段階でボツにされてしまった数あるメニューの中の1つで、バラエティ番組「有吉弘行のダレトク!?」で実際に試食してみると、評価が高かったこともあり、一時的に復活を遂げることになりました。実際にどんな味わいを楽しめるのか、食べて確かめてきました。

「没メニューレストラン」選ばれた商品はこちら!期間・数量限定 クラムチャウダーうどん|讃岐釜揚げうどん 丸亀製麺
https://www.marugame-seimen.com/lp/twitter/201801-dtk/

丸亀製麺にやってきました。


あさりにベーコン、ブロッコリー、ニンジン、フライドポテトなどがのった、具だくさんの「クラムチャウダーうどん」は並で税込690円。


まず、マーガリンを溶かし……


うどんから食べてみます。コシのあるうどんは「ホワイトソース」「生クリーム」「あさり」を使ったクラムチャウダー風のスープとの相性が良く、何度でも食べたくなるような味わい。


単なる「クラムチャウダー風」ではなく、あさりの身も入っており、口の中にあさりの味わいが広がると、食べながらも食欲がさらに刺激されます。


ベーコンは食感と風味がスープと相性良く、ブラックペッパーと合わさるとなお、食が進んでしまいます。


フライドポテトをかじると、衣の油とスープが混ざり合います。


ニンジンは柔らかいながらも歯応えがあり、かめばかむほどニンジンの甘さを感じられます。


ブロッコリーはシャキシャキした食感。


カボチャは、フワフワとして柔らかく、口の中で転がしているだけでもそのうちに歯で削れてなくなってしまいそうに思えました。


レンコンはのってる具材の中で、一番歯応えがあります。「クラムチャウダーうどん」は具材だけでもいろいろな食感を楽しむことができ、うどん・スープとも相性抜群。なぜ没メニューとなったのか疑問に感じてしまいました。


「クラムチャウダーうどん」は並が税込690円、大が790円。2018年1月24日(水)から2018年1月30日(火)までの期間および数量限定の販売で、一部店舗では販売していない場合があります。

・関連記事
自分だけのうどん情報を事細かにデータとして残しておくことができる「うどん帳」を使ってみました - GIGAZINE

料理人が道を極めすぎたがために膨大な種類が生まれてしまった「変わり胡麻豆腐」てんこもり - GIGAZINE

ネコ食器まみれの「のらや」秋メニュー「かにあんかけうどん」「きのこうどん」「栗どら焼き」で猫もしゃくしも舌鼓 - GIGAZINE

たった5分で雲のようなふわとろ卵かけご飯が完成する「究極のTKG」速攻レビュー、実際に作るとこんな感じ - GIGAZINE

世界で最も健康的とされた10カ国では朝食に何を食べているのか? - GIGAZINE

in 試食, Posted by darkhorse_log