鶏の旨味と根菜を堪能できる「丸亀製麺」の期間限定メニュー「ごろごろ野菜の揚げだしうどん」を食べてきた


急に気温が下がり温かい物が欲しくなるこの時期に丸亀製麺の期間限定メニューとして「ごろごろ野菜の揚げだしうどん」が登場しています。寒さが本格的になってくるこの季節に丸亀製麺の新メニューがどんな味わいを楽しめるのか確かめてきました。

(PDF)~ごろごろ野菜とやわらか鶏の旨みがじゅわっと広がる~『ごろごろ野菜の揚げだしうどん』を10月24日から販売開始!

季節限定メニュー ごろごろ野菜の揚げだしうどん|讃岐釜揚げうどん 丸亀製麺
https://www.marugame-seimen.com/new_menu/

丸亀製麺にやってきました。


店頭には「ごろごろ野菜の揚げだしうどん」ののぼりがあります。


真ん中にししとうが載り、揚げた根菜と鶏肉で彩られた「ごろごろ野菜の揚げだしうどん」は並で税込620円。


うどんから食べてみます。コシのあるうどんとあっさりしたスープとの相性が良く、何度でも食べられそうな味わい。


揚げた鶏は嚙んだ瞬間に肉汁がジュワーっと口の中に広がってきます。


甘みの強い人参はスープとの相性も良好。また、ししとうは一度揚げているはずなのですがシャキシャキッとしていてまるで生のししとうを食べているかのよう。


大根はよく出汁の染みこんだおでんを食べているかのような柔らかさです。


里芋もとても柔らかく歯がなくても嚙みきれるかもしれないと錯覚してしまいます。


「ごろごろ野菜の揚げだしうどん」を食べた後はポカポカと体が温まるので、寒さが本格的になってくるこの時期に食べるととても良さそうです。

「ごろごろ野菜の揚げだしうどん」は並が税込620円、大が720円、得が820円。2017年10月24日から12月初旬までの販売予定で、一部店舗では販売していない場合があります。

・関連記事
一泊二食の精進料理付きで6000円台、お寺に泊まれる東林院の宿坊に行ってきました - GIGAZINE

料理人が道を極めすぎたがために膨大な種類が生まれてしまった「変わり胡麻豆腐」てんこもり - GIGAZINE

太陽光を集めた熱で焼く&蒸す料理ができパンまで作れるBBQ・サバイバル向け調理器具「GoSun Go」 - GIGAZINE

たった5分で雲のようなふわとろ卵かけご飯が完成する「究極のTKG」速攻レビュー、実際に作るとこんな感じ - GIGAZINE

世界で最も健康的とされた10カ国では朝食に何を食べているのか? - GIGAZINE

・関連コンテンツ

76

in 試食, Posted by log1j_ty