メモ

なぜ私たちは陰謀論や超常現象を信じてしまうのか?

by Vic

フェイクニュースがインターネット上にあふれ、地球平面論者が存在する中で、真実は何かを判断することの重要性はますます高まっています。そんななか、「陰謀論や超常現象に信じ込まないためには認知能力の高さだけでは足らず、批判的思考が必要である」という研究結果が示されています。

Epistemic rationality: Skepticism toward unfounded beliefs requires sufficient cognitive ability and motivation to be rational - ScienceDirect
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0191886917306323

To think critically, you have to be both analytical and motivated | Ars Technica
https://arstechnica.com/science/2017/11/to-think-critically-you-have-to-be-both-analytical-and-motivated/

High cognitive ability not a safeguard from conspiracies, paranormal beliefs
https://medicalxpress.com/news/2017-11-high-cognitive-ability-safeguard-conspiracies.html

イリノイ大学シカゴ校の心理学者であるTomas Stahl准教授とアムステルダム自由大学の心理学者Jan-Willem van Prooijen准教授は、なぜ人々が陰謀論や超常現象を信じる傾向にあるのかを調査しました。研究者らは「月面着陸は嘘」「アメリカ政府は911を事前に知っていた」「政治的な決定に大きな影響力をもたらす組織がある」といった陰謀論や、占星術やテレパシーといった事柄に関してのオンライン調査を300人以上の被験者に行い、根拠なく信じられていることに対する懐疑心を生み出すものが何なのかを調査しました。

by Startup Stock Photos

調査の結果、分析的な認知スタイルは陰謀論や超常現象を信じることとの関連性が低いことが判明。ただし、両者の関連性が低くなるのは「論理や証拠に基づく考え方を評価する人」のみであるとのことで、論理や証拠を重視しない人は分析的な認知スタイルを持っていても陰謀論や超常現象を信じる傾向にあったとのこと。

つまり、さまざまな陰謀や超常現象に合理的な懐疑の目を向けるのは高い「認知能力」だけではなく「理性的であること」に対する強いモチベーションが必要であると研究者らは説明しています。Stahl准教授によると「論理や証拠に基づく信念がなければ、認知能力の高い人は認知能力が低い人と同じくらいに陰謀論や超常現象を信じてしまう傾向にある」とのこと。なお、同分野の研究ではこれまで、認知能力が高い人や分析的思考を行う人は陰謀論や超常現象を信じにくいという調査結果も発表されていました。

by Louis Raphael

フリーメイソンが世界を牛耳っている」という比較的害のない陰謀論もあれば、ワクチンや自閉症に関するものなど、実害が生じる可能性のある、根拠のないうわさも存在します。「残念なことに、このように信じられていることの多くは、人々の健康上の選択や社会全体の選択にとって有害になるかもしれません」とStahl准教授は語りました。

・関連記事
なぜ頭のいい人でも愚かな行動を取ってしまうのか、そこには「クリティカルな考え方」の重要性 - GIGAZINE

議論で「負け」が運命付けられている思考方法30パターン - GIGAZINE

科学者が一般人に教える「どのように科学論文は読むべきなのか」の11手順 - GIGAZINE

「成長する考え方」と「成長できない考え方」の違いが20年の研究で明らかに - GIGAZINE

わずか15分、コスト0で成績を上げることができる「学習戦略」とは? - GIGAZINE

・関連コンテンツ

in メモ, Posted by logq_fa