×
アート

シャボン玉を凍らせて「天然のスノーグローブ」を作る解説ムービー


2017年末はアメリカ全土とカナダが記録的な大寒波に見舞われ、多くの人が建物の中で暖を取ったと思われます。そんな大寒波が来襲するの中、外に出てシャボン玉で天然のスノーグローブを作って遊ぶムービー「Nature's Snow Globes」を北アメリカの旅模様を紹介するYouTubeチャンネルSlim Potatohead が公開しています。

Nature's Snow Globes - YouTube


ここは2017年末日の夜明けを迎えたカナダの都市カルガリーです。


大地に雪が積もり……


寒さで煙が横に倒れ込んでいます。


この男性がムービーを公開したSlim Potatoheadさん。アメリカとカナダを股にかけてキャンピングトレーラー生活をしています。Slim Potatoheadさんによると、このムービーを撮影している時点で気温が零下約40度にまで下がっているので、とても寒いとのこと。ムービーの風が吹き荒れる音から寒さが伝わってきます。


Slim Potatoheadさんが「ショー」を見せてくれると言い、湯気が立ってい液体るを右手に持ちながら、口にくわえたストローをつけます。


さらに息を吹き込むと……


シャボン玉が完成しました。Slim Potatoheadさんが「泡が凍るのを見るより素晴らしいものはない」と語って……


5~6秒ほどで、シャボン玉が白く濁ってしまいました。


凍ったシャボン玉に息を吹きかけると、ガラスのように粉々になってしまいました。これが「天然の」スノーグローブの作り方です。


ムービーは神秘的なBMGに合わせて天然のスノグローブが次々と映し出されます。


スノグローブは完成した途端にシャボン液の表面に、雪の結晶のような紋様が広がり、成長していきます。


次は、ストローでシャボン玉を作っていると……


水晶玉のように透明な天然のスノグローブが完成し……


結晶が表面を覆い尽くしました。ここでBGMが盛り上がり……


風ではかなく割れてしまいます。


時間差を付けてスノーグローブを2個作ると、表面に結晶ができていく様子がさらによく分かります。


ムービーはBGMとともに多様なスノーグローブを映していきます。スノーグローブの中もう1個スノーグローブを作り2重にしたものや……


雪だるまのように2個がくっついて並んだスノーグローブ


縦に4個連なったスノーグローブ


大小2個が親子のように並んだスノーグローブなどが登場しました。


「最も寒くなる年末には、ほとんどの人は外に出ないでしょう」


「でも、外に出る私のような人は、面白いものを見つけられます。」


「やってみよう」


「1……、2……」


「3!」


極寒の空気により熱湯が瞬く間に氷に変わって氷のシャワーが降りそそぎました。


Slim Potatoheadさんが「Happy New Year!(新年おめでとう!)」と元気よく言い……


温かいお湯にかけて「Warm Wishes for the new year(温かい希望と共に新年を)」というメッセージで締めくくります。

・関連記事
Googleで「let it snow」と検索すると雪がどんどん降りはじめる - GIGAZINE

誰もいないのに大勢の子どもが遊んだあとのようにドーナツ型の雪が転がる不思議な自然現象「Snow Roller」 - GIGAZINE

サメさえも凍って死んでしまう大寒波が発生 - GIGAZINE

「雪の結晶に同じものは二つとない」という定説が覆される - GIGAZINE

自動運転カーは滑りやすい雪道を安全に運転できるのか? - GIGAZINE

in 動画,   アート, Posted by darkhorse_log