映画

「劇場版 はいからさんが通る」は前後編構成の二部作、監督・キャスト情報も解禁


「はいからさんが通る」の新作劇場版アニメの監督やキャスト情報、そして前後編の二部作構成であることが発表されました。前編、後編、ともに2017年公開予定だとのことです。

劇場版アニメーション『はいからさんが通る』公式サイト
http://haikarasan.net/

劇場アニメ『はいからさんが通る』公式(@haikara_anime)さん | Twitter
https://twitter.com/haikara_anime

発表された前編の副題は「劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~」。新作劇場版が制作されるというニュースが流れたときに、喜びの声と同時に、ちょっと短縮されたテレビアニメでも全42話かかっていたのに、2時間前後の映画にどうやってまとめるのだろうかという不安の声も見かけましたが、どうやらトータルで4時間前後ぐらいになるようです。


監督・脚本を務めるのは古橋一浩さん。1999年版の「HUNTER×HUNTER」や、冲方丁原作の「シュヴァリエ」、「RD 潜脳調査室」、そして2010年から2014年にかけて展開された「機動戦士ガンダムUC」の監督として知られています。ちなみに、「機動戦士ガンダムUC」は劇場上映されましたが、あくまでOVAとして制作された作品をイベント上映していたものなので、本作が劇場作品として初監督になるとのこと。

主人公・花村紅緒役は早見沙織さん。映画「聲の形」西宮硝子役、「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」ララァ・スン役、「魔法つかいプリキュア!」はーちゃん役、「終末のイゼッタ」フィーネ役、「甘々と稲妻」飯田小鳥役、「赤髪の白雪姫」白雪役など、主役級の役柄で多数活躍している注目の声優です。


そして、紅緒の婚約者・伊集院忍役は宮野真守さん。「亜人」永井圭役、「文豪ストレイドッグス」太宰治役、「ちはやふる」真島太一役、「バケモノの子」一郎彦役、「東京喰種」月島習役、「機動戦士ガンダム00」刹那・F・セイエイ役など、二枚目主人公からちょっと変態的なキャラクターまでオールジャンルをカバーし、本人も「顔がうるさい」、非常に個性的な声優です。


今のところ後編の副題、および内容については未発表ですが、前編、後編ともに2017年に公開予定だとのことです。

なお、テレビアニメ版「はいからさんが通る」が初パッケージ化され、劇場版公開に先駆けて2016年12月21日に発売されます。初回仕様版は映像特典として新番組予告を、封入特典として花村紅緒役・横沢啓子さんと伊集院忍役・森功至さんによる対談を掲載したブックレット(68P)を同梱。Blu-ray BOXは4万5000円+税、DVD BOXは3万8000円+税。いずれも7枚組。

また、KCDXコミックス「はいからさんが通る 新装版」全8巻も2016年12月から2017年3月にかけて刊行されることになっています。

© 大和和紀・講談社/劇場版「はいからさんが通る」製作委員会

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「はいからさんが通る」の新作劇場版アニメが2017年公開 - GIGAZINE

ウルヴァリンが最後のミッションとして少女を守る「ローガン(LOGAN)」ネット限定予告編公開 - GIGAZINE

暗殺者の血を引く男が中世ヨーロッパに本物の暗殺者として送りこまれる「Assassin’s Creed」予告編公開 - GIGAZINE

ピクサーのアニメーションで人生の絶望を描く衝撃的展開のショートムービー「Borrowed Time」が限定公開中 - GIGAZINE

in 映画,   アニメ, Posted by logc_nt

You can read the machine translated English article here.