動画

Googleやアリババから出資を集めまくった企業「Magic Leap」が開発中の製品に関するムービーを公開、未来の世界からディスプレイがなくなる可能性


Magic Leapは製品を発表せず事業内容もほとんど公開していない段階でGoogleやKPCB、Qualcommといったベンチャーキャピタルから5億4200万ドル(約590億円)の資金を調達し、2016年2月にはアリババからIT企業史上最大規模の7億9350万ドル(約864億円)を調達したという驚きのスタートアップです。そのMagic Leapが開発中の技術および製品に関するムービーを公開し、プロジェクトの全貌が明らかになってきました。

A New Morning - YouTube


映し出されたのは1つのデスク。


そのデスクの上にスマートフォンの通知画面のようなものが映し出されました。なお、画面下部に「このムービーはCGを合成したものではありません」と表示されています。まるで、見えないディスプレイが空間に浮いているかのようです。


今度は通知画面の右側にグラフのようなものが映し出されました。


突然「ポン」という音が聞こえてそちらに視線を移すと、マーフという女性から、「ハイ、父さん。私のエベレストプロジェクトを見て!」というメッセージが表示されています。


すると、メッセージの下に、過去にエベレストを登頂した人たちの記録が時系列で映し出されました。


青白く光るタブレットのようなものが登場し……


エベレストの立体地図が下からニョキニョキと生えてきました。


立体地図には標高や登頂ルートなどが記されていきます。


今度はECサイトの画面が空間に登場。


ウィッシュリストに登録していた靴が入荷したとのことで、3Dモデルを表示させて購入することに。何だか映画かゲームを見ているような感じです。


空間にプクプクと泡が出てきたかと思えば……


部屋の中をピンク色のクラゲが泳ぎ回っています。


一体どのような技術を使ってこのムービーを実現しているのか全く不明なのですが、IT関連メディアのWiredがMagic Leapの本社を訪れ取材を実施し、その様子をムービーに収めて公開。肝心の技術についてはトップシークレットなものの、Magic Leapが一体何をしようとしているのか理解できます。

The Untold Story of Magic Leap, the World's Most Secretive Startup - YouTube


Magic LeapはIT企業が多数本社を構えるカリフォルニアではなく、フロリダに本社があります。


Magic Leapが開発しているのはVR(仮想現実)ではなく、AR(拡張現実)でもない「MR(複合現実)」と呼ばれるものです。複合現実とは、現実世界と仮想世界の情報を組み合わせ、2つの世界を融合させた空間を構築する技術のこと。


Magic LeapのCEOであり創業者でもあるロニー・アボヴィッツ氏は「脳はGPU(グラフィックプロフェッサー)のようなもので、我々が行っているのは、脳というGPUが発信している信号をコピーしてデジタル化し、脳と交信可能にする技術です」と語りますが、常人が理解するにはハイレベルなお話。


この技術を使えば現実世界にCGのクラゲが浮いているような空間を作り出せるとのこと。Magic Leapが開発中の技術をもう少し具体的に知りたいところですが、取材を実施したWiredによれば、これ以上の情報は秘密だったそうです。


Magic Leapのオフィスではロボットが光学測定を行っていたり……


エンジニアたちが一同に介して、MRのゲーム開発について話し合っていたりします。全てはアボヴィッツ氏の頭の中にあるビジョンを実現させるため。


Magic Leapが開発しているMR技術の核となるのが、この透明なフォトニクスチップです。フォトニクスとは光を用いた情報伝達を扱う技術のこと。


このチップを使ってどのような製品が開発されているのかは一切不明で、チップを開発している技術者でさえ一体何なのかを説明するのは難しいそうです。


Magic Leapのシステムエンジニア責任者のサム・ミラー氏は「少し変に聞こえるかもしれないけど、フォトニクスチップは『目を開けながら夢を見ている』ような状態を実現してくれるものなんだ」と説明。


「目の前で見ているものが、現実ではないことと認識しながら実際に存在しているかのように感じられる技術です」とインタラクションプロトタイパーのサバンナ・ナイルス氏は話しています。


Magic Leapが開発中の技術が未来のゲームを変える可能性を持っているのは明らかなのですが……


アボヴィッツ氏は開発中の技術により全てのディスプレイに取って変わる可能性があると考えています。


MRは未知の市場であるものの、MicrosoftがすでにHoloLensの開発者向けモデルを発売しており、Magic LeapがMRに取り組んでいる唯一の企業ではありません。


しかし、アボヴィッツ氏によると、HoloLensのことを気に留めておらず、完璧な製品が完成するまで時間をかけて構わないとのこと。


アボヴィッツ氏は「Magic Leapが製品を発表したときは、空間でのコンピューティングが自然なものになるだろう」と今後の展望を語っていました。

・関連記事
MicrosoftのARヘッドセット「HoloLens」をバラバラ分解、極上の「複合現実」を生み出す各ユニットはこうなっている - GIGAZINE

「新型Google Glass」はディスプレイのないヘッドマウンド型デバイスか? - GIGAZINE

MicrosoftのARヘッドセット「HoloLens」の開発者バージョンの登場で「複合現実」の使用感が明らかに - GIGAZINE

AppleがVR技術開発のため秘密計画始動、スタッフ数百人で何かやっている模様 - GIGAZINE

新「Google Glass」と思われるデザインがGoogleの取得した特許から判明 - GIGAZINE

in ハードウェア,   動画, Posted by darkhorse_log