ロックマンから「カプセルにはいるのじゃ」と諭すライト博士や「波動拳!」と叫ぶマグマード・ドラグーンが立体化


海外では「Mega Man」というタイトルで展開され、世界的な人気を誇る日本のアクションゲーム「ロックマン」シリーズからライト博士やマグマードドラグーンがフィギュアになって「ワンダーフェスティバル 2016」に登場しました。

MADHANDS ( マッドハンズ )
http://madhands.blog25.fc2.com/

ロックマンのキャラクターのフィギュアを手がけることで知られるMADHANDSのブースで特に目立っていたのが「ロックマンX4」のマグマード・ドラグーン。


今にも波動拳を撃ってきそうな雰囲気です。


「命がけで戦ってこそ意味がある!」 と言いそうなマグマード・ドラグーンは1万円で販売されていました。


パーツカプセルに入っているのはライト博士。


よーく目をこらしてみていると、「カプセルに入るのじゃ、エックス」と喋りそうな雰囲気。


今すぐカプセルに入ってダッシュを学びたいところです。「パーツカプセル&ライト博士」は2万円で販売されていましたが、ブースに到着したときにはすでに売り切れていました。


「ロックマン ZX」からフィギュア化されたのは、ジルウェ・エクスプレスにまたがったエール。エールとバイクのセットは1万円。ただし、ブースに来たときには売り切れていました。


有賀ヒトシによる日本の漫画作品「ロックマンメガミックス」のロックマン。


頭部パーツを差し替えたり、表情や手首を替えたりすることができ、さまざまなシーンを再現可能。なお、価格は8000円です。


「ロックマンロックマン」のデフォルメトカットマン。価格は2000円。


アイスマンもデフォルメされていました。価格は2000円


ドリルを装備したクラッシュマンは7000円。


これはヒートマンです。価格は5000円です。


クリアパーツで炎が再現されたファイヤーマン


ファイヤーマンは6000円です。


「ロックマンメガミックス」からメットレスのブルース。


サングラスもばっちりなブルースは6000円。


「流星のロックマン3」からは「流星のロックマン」が立体化。なお、価格は7000円となっています。

・関連記事
ワンダーフェスティバル 2016[冬]開幕、全記事一覧まとめ - GIGAZINE

海外で販売されたロックマンのパッケージがニセモノかと思うレベルの驚愕のダサさ - GIGAZINE

マリオやロックマンのボスがちゃんと主人公対策を考えると「まさに外道」な展開になる - GIGAZINE

ロックマン系アクション最新作「Mighty No. 9」がTVアニメ化計画を始動 - GIGAZINE

「ロックマン」を2次元と3次元の中間でプレイするプロジェクト「Mega Man 2.5D」 - GIGAZINE

カットマンなどボスキャラが大集合したロックマンの公式ボードゲーム「Mega Man The Board Game」 - GIGAZINE

0

in 取材,   アニメ,   ゲーム, Posted by darkhorse_log