モバイル

「Nexus 6P」を実際に触ってみたよムービー&フォトレビューまとめ


iPhone 6s Plusの2倍の速度での高速充電や、ソニーのセンサーを搭載して暗い場所でも格段に美しく撮影できるようになったカメラ機能、プレミアム端末とも言うべき美しい外観など、Googleのスペシャルイベントで発表された新端末「Nexus 6P」の実機を触っている様子が公開されました。前モデルとの比較映像もあり、何がどう進化したのかがよく分かるようになっています。

Hands-on with Google's new Nexus 6P smartphone | The Verge
http://www.theverge.com/2015/9/29/9412113/hands-on-with-new-nexus-6p

これが新しく登場したNexus 6P。5.7インチのクアッドHD AMOLEDディスプレイを搭載しています。


背面はこんな感じ。カラーはカーボン・アイス・クオーツの3種類があり、画像に写っているのはカーボンです。


左がNexus 6Pで右がNexus 6。今回Nexus 6Pを製造したのはHuaweiですが、Nexus 6はMotorola製で、背面を見比べてみても全く違うデザインになっていることが分かります。


Nexus 6Pの背面はアルミニウム製でシャイニーですが、Nexus 6はプラスチック製のマットなものでした。またNexus 6は丸みのある背面でしたが、Nexus 6Pはフラットになっています。


Nexus 6Pは7.3mmで、Nexus 6よりも薄いデザイン。


カメラは格段に進化しており、12.3メガピクセルの背面カメラはNexus 6よりも明るさが90%アップしているため、暗い場所でもキレイな写真を撮影することが可能。また、8メガピクセルのフロントカメラはフォーカスをすぐに合わせることができ、スローモーション撮影や4Kムービー撮影にも対応しています。


実際に撮影している様子はこんな感じ。会場はやや暗めですが、Nexus 6Pの画面に表示されている画像は非常に明るく色鮮やかなものになっています。


また、USB-Type Cポートを搭載しているため、iPhone 6s Plusの2倍の速さで充電ができるそうです。さらに、3450mAhのバッテリーと搭載OSであるAndroid Marshmallowの機能を合わせることで、一般的な使い方をした場合のバッテリーの持ちがかなり長くなっているとのこと。ただし、この点について実機を触ったThe Vergeは「まだ実際に使って確かめていないので、何とも言えない」とコメントしています。


以下のムービーでは実際にNexus 6PとNexus 6を持ってみた時に感じる違いが明らかになっています。

Google Nexus 6P hands-on - YouTube


ムービーではクオーツのNexus 6Pを使用。


左手にNexus 6Pを、右手にNexus 6を持ってみたところ、10gの差ですが、Nexus 6Pの軽さを実感できる様子。


見た目といい、さわり心地といい、Nexus 6Pは「プレミアムスマートフォン」であることを実感できます。


背面には指紋認証機能を搭載していますが、これは指紋認証のためだけではなく、アプリの操作にも使われるとのこと。


Nexus 6のカメラの位置は背面上部の中央でしたが、Nexus 6Pは左側に移動しています。これまでNexus 6を使っていた人は少し違和感を感じるかもしれませんが、カメラ機能の大幅な進化を考えると、そこまで気にならないそうです。


なお、Nexus 6Pは32GBモデルが499ドル(約5万9800円)、128GBモデルが649ドル(約7万7900円)となっており、Nexus 6発売時の価格設定よりも低くなっています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
GoogleがAndroid 6.0を搭載した「Nexus 6P」と「Nexus 5X」を発表し詳細スペックが明らかに - GIGAZINE

Googleの「Nexus 6P」と「Nexus 5X」の公式映像が登場 - GIGAZINE

in モバイル,   ハードウェア,   動画, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.