ネットサービス

Google関連サービスで扱う連絡先を一元管理できる「Google コンタクト」が新しくなったので使い方まとめ


Googleは現地時間の2015年3月3日に新しくなった「Google コンタクト」のプレビュー版を公開しました。これまでGoogleの各サービスごとにバラバラだった連絡先を統合して一元管理できるようになったほか、Google コンタクト上のプロフィールを自動更新して最新のものに保つなど、新たな機能も追加されています。

Official Gmail Blog: The new Google Contacts: Bringing everyone together
http://gmailblog.blogspot.jp/2015/03/the-new-google-contacts-bringing.html

Google コンタクトはGoogleの連絡管理ツールで、これまでGmailの一部としてや、単独サービスとして利用されてきました。今回Google コンタクトが刷新されることで、Gmailだけでなく、Google VoiceやHangoutsなどでも使えるようになったわけです。デザインはこんな感じ。


また連絡先を一元管理できるようになっただけでなく、新機能の追加も。例えば登録が重複している連絡先があった場合は以下のように表示され、「Merge(統合)」ボタンからワンクリックで統合できるようになりました。


Google コンタクト上に表示されるプロフィールは手動で登録したものだけでなく、Google+のプロフィールに登録されているデータも表示されます。もし相手がプロフィールを更新すればGoogle コンタクト上のプロフィールも自動的に更新される仕組みです。


さらに、プロフィールの下にはメールやミーティングといった直近のやりとりも表示されます。「あの人とこういうやり取りをしたはずだけど、どこにメールがあったっけ……」とメールを検索する手間が省けて便利。


なお、Google コンタクトの刷新が発表されたOfficial Gmail Blogからプレビュー版を使ってみることも可能。ページ下部にあるリンクをクリックします。


自分のアカウントとパスワードを入力して「ログイン」をクリック。


すると、こんな感じの画面が現れました。アカウントによっては上記リンクからページを開かなくとも既にプレビュー版が表示されることもあるようです。


右側の矢印をクリックしていくことでインストラクションが進みます。


最後にチェックボタンをクリックすると……


以下のような感じの画面が現れました。これまでのGoogle コンタクトは赤と白を基調としていたのに対し、ブルーを中心にデザインがまとめられています。


画面左側のメニューには「重複する連絡先を探す」「印刷」「連絡先を復元」といった項目が並んでいます。


各人の連絡先情報はこんな感じ。プレビュー版のためか、直近のやりとりは表示されていませんでした。


なお、記事執筆時点ではGoogle Appsには対応していないとのことです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Gmailをさらに強化して山ほど届くメールを全自動管理できる「Inbox」をGoogleが提供開始 - GIGAZINE

Gmail・Facebook・Dropboxなどに不正アクセスされそうになったら通知してくれる無料アプリ「LogDog」 - GIGAZINE

GoogleカレンダーアプリがGmailとの連携を強化して予定の追加が楽々に - GIGAZINE

サービス開始から10年を迎えたGmailの開発秘話や現在、そして今後の課題など - GIGAZINE

Gmailで児童ポルノを送信したと判断してGoogleが当局に通報、送信者逮捕 - GIGAZINE

ワンクリックでさまざまなサービスにログインでき、ひとつのアカウントを複数人で安全に共有することも可能なパスワードマネージャー「Meldium」 - GIGAZINE

in ネットサービス, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.