試食

豪快なBBQの味がする「ロデオワッパー」をバーガーキングで食べてきた


バーガーキングはBBQソースを使ったハンバーガーを定期的に発売しますが、今年も2月27日(金)からBBQスタイルの第1弾として「ライトBBQ」と「ロデオワッパー」を発売しました。特製のBBQソースを使ったボリューム感のある一品に仕上がっているとのことで、お店に行ってきました。

~KING HIT RETURNS! BBQシリーズ第1弾は”American BBQ Style”の人気商品が復活!!~『RODEO WHOPPER® 』2015年2月27日(金)より期間限定発売!
(PDFファイル)https://www.burgerkingjapan.co.jp/release/pdf/PressRelease150212.pdf

バーガーキングに到着。


頭上のメニューを見上げると、中央にBBQシリーズが陣取っていました。シリーズのうちBBQバーガーはレギュラー商品なので、今回はライトBBQとロデオワッパーを注文します。


朝一番だったためハンバーガーのストックがなく、待つこと10分ほどでメニューが到着。


iPhone 6とライトBBQ・ロデオワッパーを比べるとこれくらいの大きさ。


ライトBBQ(税込250円、3月8日まで税込190円)はセサミバンズが使われており、手のひらに載せるとこれくらいの大きさ。


上段のパティを取ってみると、スライスオニオン・BK特製BBQソース、JAPAN オリジナルパティが確認できます。


BK 特製 BBQ ソースは濃い茶色で、洋ナシが入っておりフルーティな香りがします。


食べてみると、BBQソースは甘みのある、お好み焼きソースに近いような味。たまねぎに少し辛味があり、直火で焼かれた香ばしいパティとの相性も抜群。JAPAN オリジナルパティは牛肉がメインですが、つなぎが使われているため柔らかい食感に仕上がっていました。


ロデオワッパー(税込690円)は、直径13cmの大きなパティを使い、ベーコン・BKオニオンリング・トマト・BK 特製 BBQ ソース・レタス・マヨネーズをセサミバンズで挟んだハンバーガー。


上段のバンズを取ると、まずは厚切りトマトが目に入ります。


ベーコンの上にはBK 特製 BBQ ソースがたっぷりかかっていました。


パティの下にはレタスやマヨネーズ。


ベースとなっている味はライトBBQと同じはずなのですが、ベーコンのスモーキーな香りやBKオニオンリングのサクサクとした食感や甘み、トマトの酸味やマヨネーズのコクが加わることで、より複雑な味に仕上がっています。その分、濃厚な味付けで、人によってはくどさを感じるかもしれないので、ドリンクは甘くないものを頼むのがオススメ。カロリーは1個748kcalと、バーガーキングのハンバーガーの中でも高め。ボリュームもあって、食べ応え十分です。


なお、ライトBBQは4月中旬までの販売予定で、終わり次第「Japanes BBQ Style」のキャンペーンが予定されています。

・関連記事
ブルーベリーを挟んだ「プレミアムベリー」などバーガーキングのクリスマスバーガーを食べてきました - GIGAZINE

ルールが変更になったバーガーキングの食べ放題で新記録に挑戦 - GIGAZINE

マクドナルドがアメリカに広まる以前に親しまれていた直火炭焼きバーガーを福岡の「Frisco」で食べてきました - GIGAZINE

鉄板ではなく炭火で肉を焼くハンバーガー店「FELLOWS」に行ってきました - GIGAZINE

Microsoftの「Xbox One」がハンバーガーショップとまさかのコラボレーション - GIGAZINE

マクドナルド・バーガーキング・ウェンディーズなどのバーガーを食べ比べたアメリカ人の感想はこうなる - GIGAZINE

マクドナルドやバーガーキングで広告写真とかけ離れたハンバーガーを作り直してもらうとどうなるのか? - GIGAZINE

in 取材,   試食, Posted by darkhorse_log