×
試食

松屋の「香味野菜のミートソースハンバーグ」は値段以上のクオリティ


10月に「ハッシュドビーフ」や「トマチキ定食」といった洋食っぽいメニューを出した松屋ですが、11月も洋食の定番中の定番ハンバーグをアレンジした「香味野菜のミートソースハンバーグ定食」を6日(木)から発売しています。近隣に松屋約1000店舗中130店ほどしかない鉄皿で提供してくれる店舗があったので、お店に行ってきました。

香味野菜のミートソースハンバーグ定食新発売!|松屋フーズ
http://www.matsuyafoods.co.jp/2014/10/31/2747/

松屋に到着。


店頭でも鉄皿バージョンの「香味野菜のミートソースハンバーグ定食(税込590円)」である「鉄皿香味野菜のミートソースハンバーグセット(税込600円)」をアピール。定食だとサラダが付いてきますが、鉄皿バージョンだとサラダがなく、ソーセージ・ブロッコリー・コーンが付いてきます。


券売機の上にも鉄皿香味野菜のミートソースハンバーグセットを発見。


券売機の右上に鉄皿香味野菜のミートソースハンバーグセットを発見。さっそく注文します


食券を渡す際に「焼くのに7分程時間がかかる」との説明をうけ、約7分後に鉄皿香味野菜のミートソースハンバーグセットが到着。


ハンバーグには赤い香味野菜のミートソースがたっぷりかかっています。


ハンバーグは鉄皿での提供なので、ジュージュー音がしていました。


以下のムービーで鉄皿の上でハンバーグが音を出しているのが確認できます。

松屋の「鉄皿香味野菜のミートソースハンバーグセット」がジュージューする様子 - YouTube


ハンバーグの真ん中には粉チーズとパセリ


香味野菜のミートソースには、にんじんやたまねぎといった野菜が入っています。


皮が付いたポテト


コーン・ブロッコリー・ソーセージが付いています。


ナイフが付いていなかったのでお箸でハンバーグを割ると、断面はこんな感じ。食べてみます。


香味野菜がたっぷりと入っているだけあり、肉の旨味に野菜の旨味が負けておらずグッド。こういったミートソースはトマト一辺倒の味になりがちですが、にんじんやたまねぎなどの野菜の甘味や旨味が感じられ、奥行きがある味わいに仕上がっています。ソースはスパゲッティのミートソースのようにワインなどの味がするわけではなく、野菜の味がメインでした。


ハンバーグに載っている粉チーズにとろけるような食感はないものの、ミートソースとハンバーグが良く合っています。


もちろんごはんとの相性も抜群。11月13日(木)の15時までごはんは大盛りや特盛りが無料なので、お腹がすいている時にはありがたいサービスとなっています。


香味野菜のミートソースは、ポテトに付けて食べてもいい感じ。


香ばしく焼けたコーン・ブロッコリーも鉄皿メニューとしてうれしい付け合わせ


ソーセージはかむとじゅわっと旨味が溢れ出し、鉄皿で皮の部分がパリッと焼けていて食感も楽しむことができます。


香味野菜のミートソース自体の塩分はさほど濃くはなく、野菜がタップリ入っているおかげでこってりし過ぎないので、みそ汁と一緒に食べても違和感を感じることはナシ。松屋で600円ほど払うとやや高いようにも思えますが、ボックス席などに座ってゆっくり食べるファミリーレストランなどであれば1000円くらいしてもおかしくはなさそうなメニューなので、600円台で全時間帯で食べられるのであればお値打ちと言えそうです。


なお、香味野菜のミートソースハンバーグ定食・鉄皿香味野菜のミートソースハンバーグセットは期間限定での販売となっています。鉄皿メニューを扱う店舗は限られていますが、ここから店舗を調べることができるので、近くに鉄皿メニュー取り扱い店舗がある人はそちらがオススメです。

・関連記事
肉の日和牛ハンバーガー第5弾「飛騨牛ハンバーグステーキバーガー」をロッテリアで食べてきた - GIGAZINE

京都ポーク100%の「HAMBURG LABO」ハンバーグセットを食べてみた - GIGAZINE

静岡のご当地レストラン「さわやか」のげんこつハンバーグといちごジュースを味わってきました - GIGAZINE

マクドナルドがアメリカに広まる以前に親しまれていた直火炭焼きバーガーを福岡の「Frisco」で食べてきました - GIGAZINE

鉄板ではなく炭火で肉を焼くハンバーガー店「FELLOWS」に行ってきました - GIGAZINE

in 試食, Posted by darkhorse_log