試食

牛丼店では珍しい中華メニュー「鶏のチリソース定食」を松屋で食べてみた


「牛めし」を出している牛丼チェーン店の松屋が、12月18日(木)から牛丼とは関係ない中華風メニュー「鶏のチリソース定食」を発売します。鶏もも肉を鉄板で焼き上げ、豆板醤や生姜を効かせた冬にピッタリの一品とのことで、さっそくお店に行ってきました

鶏のチリソース定食新発売!|松屋フーズ
http://www.matsuyafoods.co.jp/2014/12/12/2784/

松屋に到着。


店頭でも新商品をアピール。松屋の新商品は15時から発売のことがありますが、今回の「鶏のチリソース定食」は本日10時からです。


お店に入り食券機の前に行ってみると……


右端に鶏のチリソース定食(税込630円)を発見。早速注文します。


待つこと5分ちょっとでメニューが到着。


メインのお皿には、生野菜サラダ・ポテトサラダ・鶏のチリソースが載っています。


チキンは鉄板で焼かれており、焦げ目が付いています。


チリソースは真っ赤ですが、唐辛子の刺激臭は感じません。


青ねぎはどっさり載っています。


カットされた鶏肉を食べてみると、辛みは控えめですが生姜の味がかなり良く効いておりスパイシーで、香ばしく焼かれた鶏肉との相性も抜群。豆板醤の辛さはトマトの酸味などで緩和されていて、一般的なキムチが平気な人であれば食べられるぐらいの辛さ。


ソースの味はやや濃い目でご飯がすすむ味。チリソースといえば「エビのチリソース炒め(エビチリ)」のイメージがありますが、鶏肉ともよく合っていました。


チリソースはかなりたっぷりあるので……


生野菜に付けて食べたりご飯にかけて食べたりするのもアリ。


ポテトサラダは味付けがやや薄めなので、チリソースの味を邪魔しません。


味噌汁はチリソースと相性抜群……とはいきませんが違和感なく食べることができます。税込630円という価格は適正に思えました。


なお、鶏のチリソース定食は期間限定での販売となっています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
眉山の麓に本格中華料理店あり、マチ★アソビで「龍鳳飯店」に行ってきた - GIGAZINE

フリーズドライ食品だけを使って海鮮チリソース定食を作ってみました - GIGAZINE

モスバーガーのホットチリソース×ハラペーニョ×チョリソが入った「凄辛チョリソバーガー&凄辛チョリソチーズバーガー」を食べてみた - GIGAZINE

3.5kgのメガ盛チャーハンを食べられるという「中国名菜処 悟空」に行ってきた - GIGAZINE

真っ赤なスープで激辛なのになぜか箸が止まらない味仙「元祖台湾ラーメン」を食べてきた - GIGAZINE

in 試食, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.