デザイン

栓抜き・着火機能・GPSまでついた多機能すぎるベルト「Survival Belt」


デザインのシンプルさと実用性を限界まで極めたベルトが、SlideBeltsが開発する「Survival Belt」です。900kgの重さにも堪えられる頑丈なベルトと、栓抜き・マルチツール・着火機能・GPSまで搭載するという多機能バックルを組み合わせた製品で、現在開発資金調達のためにクラウドファンディングプラットフォームのKickstarterで出資が募られています。

Carry Less, Adventure More: Survival Belt by SlideBelts — Kickstarter
https://www.kickstarter.com/projects/manliestbelt/carry-less-adventure-more-survival-belt

Survival Beltがいかに多機能であるのかは、以下のムービーから確認できます。


朝起きて、引き出しの中にある複数のベルトからグリーンのものを選ぶ男性。


バックルもずらりと並んでおり、その日の気分で選択します。


Survival Beltのベルトとバックルを一体化させ……


装着。


ベルトを着けた男性は、釣りへと出かけます。


ビンに入った飲み物に手を伸ばす男性。


おもむろにベルトを外し……


ビンのキャップをバックルで外しました。


使い終わったらその場で再び装着。


次はボートにベルトをくくりつけて……


ロープの替わりにして、ボートを引っ張ります。普通のベルトなら重さに堪えかねて千切れてしまいそうなところですが、ベルトはビクともしません。


森の中に入った男性は、キャンプの準備を始めます。


ベルトを外し……


地面に敷きました。


ベルトの上に木の枝を置き、しっかり縛れば……


大量の枝を一気に運ぶことが可能です。


続いて、ベルトのバックルと石を構えた男性。


ベルトを使って着火することができました。


料理をする時はナイフとしても利用できます。


存分にベルトを使い倒し、就寝中の男性。


一方、離れたところにある家の中では女性がPCを開いています。


「SlideBelts GPS」で検索すると……


わずかにバックルが発光。


離れた場所にいても、相手の位置を把握できる機能もあるのでした。


ということで、Survival Beltは「シンプルさ」と「有益性」を極めたベルト。


ベルトというと、バックル部分についたパーツを穴に通して固定するのが一般的ですが、Survival Beltは穴のない頑丈なベルトを特殊なバックルで固定するという方法をとっています。これによって約6mm間隔の30段階でベルトを留めることが可能です。非常にスムーズに動かすことが可能で、しかも固定する力が強いので、途中で滑り落ちてしまうこともなし。


ベルトの色は「クラシックブラウン」「デザートタン」「フォレストグリーン」「ブラック」「オリーブドラブ」の5種類から選べます。


全長約1.3mで、幅は約3cm。いずれも防水で、寒冷環境下でも自由に動かすことが可能。摩擦抵抗で肌を傷つけることがなく、UV加工済みで汚れても布で拭き取るだけでOKとのこと。


バックルはステンレススチールとマットブラックの2つをベースに、着火用のバックル、着火+マルチツールのバックル、着火+マルチツール+GPS機能を備えたバックルの3種類を開発するそうです。


フォーマルなスタイルとカジュアルなスタイルのいずれにもマッチするようになっています。


Survival Beltは商品開発のための資金をクラウドファンディングプラットフォームのKickstarterで募っているのですが、資金がいくら集まったかで作られる商品が変化するようになっています。


例えば6万ドル(約650万円)集まったら900kgの重さにも堪えられるベルト+ボトルオープナーが着いたベースバックル+着火機能の「The Survivor」を開発。


14万ドル(約1500万円)が集まった場合はベースバックル+マルチツール+着火可能の「The Hunter」を。


75万ドル(約8000万円)以上が集まったらベースバックル+マルチツール+着火機能+GPS付きのバックルが作成される予定で、現在のところ18万ドル(約2000万円)以上集まっているのでベースバックル+マルチツール+着火可能なバックルが作られるのは確実。


Survival Beltは59ドル(約6400円)以上の出資で着火機能なしの「The Survivor」+好きな色のストラップというセットを、79ドル(約8600円)以上の出資で「The Survivor」+好きな色のストラップというセットを、105ドル(約1万1000円)以上の出資で「The Hunter」+好きな色のストラップというセットをゲット可能。出資額を増額していくと、パッケージを変えたりオリジナルグッズを付けることもできます。また、アメリカ国外への発送が必要な場合には別途送料がかかってくるので注意しましょう。

なお、締め切りは日本時間で9月21日(日)の12時19分です。

Carry Less, Adventure More: Survival Belt by SlideBelts — Kickstarter
https://www.kickstarter.com/projects/manliestbelt/carry-less-adventure-more-survival-belt


この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「Kickstarter」へ出資してゲットする方法&出資しまくった経験からわかった注意点まとめ - GIGAZINE

25年保証付きの超絶頑丈なベルト「Quarter Century Belt」 - GIGAZINE

ベルト穴も留め具もなしで簡単にあらゆる位置で締められるベルト「TRAKLINE 2.0」 - GIGAZINE

男性のベルトの位置は年齢とともに上昇する - GIGAZINE

パンツを急いで脱ぐ時に便利なクイックリリースボタン付き「ブラーニベルト」着用レビュー - GIGAZINE

玄米せんべいで作った世界一割れやすい「サバイバルせんべいiPhone 5専用ケースSV3818」を使ってみました - GIGAZINE

iPhoneがナイフ・栓抜き・ドライバーなどに変身する22種類の工具を内蔵した屈強なケース「TaskOne G3」を使ってみた - GIGAZINE

in 動画,   デザイン, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.