メモ

未使用の砲弾をダンベル代わりにトレーニングしていた男性


まだ使用していない砲弾をダンベルとして利用していた男性がいるそうです。未使用の砲弾が家の中にあること自体あり得ないことですが、ダンベルとして利用してずっと爆発しなかったのは奇跡です。

詳細は以下より。
Ananova - Man uses live mortars as dumbells

この記事によると、中国の重慶市に住む元陸軍士官のXie Longさん(84歳)は、簡易な構造の火砲である迫撃砲の弾を30年間もダンベルとして利用しトレーニングしていたそうです。当時同僚から「信管は外してあるから大丈夫」と言っていたため家に持って帰ったそうですが、実際には信管が外されておらず、いつ爆発してもおかしくない状態だったとのこと。XieさんだけでなくXieの子どももこの迫撃砲の弾でトレーニングを行っていたそうです。

ある日、以前地方警察で爆弾のスペシャリストをしていたXieさんの友達がXie邸に訪れたとき、信管が残った状態で放置されている迫撃砲の弾を発見。すぐに警察に連絡し専門家によって信管が抜き取られたそうです。Xieさんは「今まで何も無かったことが奇跡だよ」とコメントしていたとのこと。

抜き取られた信管は国で預かることになり、今後軍事博物館で展示される予定のようです。

・関連記事
お隣の家のドアストッパーをよく見たら不発弾だった - GIGAZINE

フランスの道路の下から第二次世界大戦時のアメリカ軍戦車が発見される - GIGAZINE

10代少女達が恋敵の家を自作爆弾で爆破 - GIGAZINE

「爆弾の皇帝」と呼ばれた核爆弾が爆発するムービー - GIGAZINE

走行中に爆発する路上爆弾から生還するムービー - GIGAZINE

ドライアイスで爆弾を作ったり、消えるシャボン玉を作るムービー - GIGAZINE

in メモ, Posted by darkhorse_log