試食

デニーズ誕生35周年記念で9種類のハンバーグが勢揃いした「9HBフェスタ」試食レビュー


レストラン「デニーズ」が誕生から35周年を記念して、7月21日(火)から8月31日(月)まで「9HBフェスタ」というキャンペーンを開始しました。これは個性あふれる9種類のハンバーグメニューが勢揃いするというもの。となれば、9種類のハンバーグで1番おいしいのはどれなのか知りたくなるのが人情というもの。さっそく近所のデニーズへ行って、9種類のハンバーグを食べてきました。

詳細は以下から。
「Welcome to Denny's」


ちょっと暗いですが、「9ハンバーグフェスタ開催中!」と書かれています。


お店の階段を上ったところにはメニューも置かれていました。この9種類を食べればよいみたいです。


ハンバーグを1品食べるごとに引換補助券が1枚もらえ、3枚でディンプルグラス1つと交換してもらえるとのこと。


ということで、全品注文してみました。


まずは「ビッグハンバーグマウンテン2009」1180円。


ハンバーグは二段重ねになっており、なんとトータルで420gという肉重量。上はニンニク風味のトマトソースハンバーグ、下はチーズハンバーグになっており、ガッツリ食べたい人にオススメ。


同じく重量級の「ひとくちおろしステーキ&照りマヨハンバーグ」1280円。


おろしステーキは一口サイズに切られていて、あっさりしょうゆ味でいただきます。


照りマヨハンバーグはタレの味もあって、てりやきバーガーのパティみたい。ハンバーグもステーキも食べたい、どちらか一つは選べないという欲張りな人はこのメニューなら満足できそう。


「夏の!鉄板焼きビビンバーグ&ごはん」980円。


2004年4月に登場して以来、739万食も食べられているそうです。ハンバーグがビビンバ風味の味付けになっているというちょっと目先の変わった品。ビビンバといってもそんなにピリ辛ではなく、辛味噌味のような味付けです。


「アボカドハンバーグ バランス野菜仕立て」780円。


2005年2月に登場した品。見た目はサラダのようで「…?」と首を傾げてしまいましたが、アボカドとタルタルソースのかかったハンバーグの相性は抜群。しかもヘルシーという嬉しい品。


「メキシカン"TACO"ハンバーグ ライスプレート」980円。


2009年7月登場の新作。タコライスにハンバーグをのっけた品で、ナスやパプリカといった野菜が添えられていて味にバリエーションがあるのが良いです。


1974年4月に登場した「和風ハンバーグ」680円。35年間も愛されている商品だけあり、シンプルかつ丁寧。


「とろ~り卵のオムバーグDON」1080円。


オムライスの中のチキンライスと卵のあいだにハンバーグがはさまっています。ハンバーグの分だけご飯が少なくなっており、また和風ハンバーグなどと同じサイズのハンバーグがゴロリと入っているため、ちょっと食べづらい。これは別々で食べた方がよさそうです。


「みぞれハンバーグと若鶏の唐揚げ」850円。あっさりしたみぞれハンバーグと唐揚げが一緒になっています。


「デミグラスハンバーグと海老フライ」950円。


半熟の黄身をつぶしてハンバーグにつけて食べると美味。


9種類のハンバーグのなかで、ボリュームまで考えるとやはり「ビッグハンバーグマウンテン2009」がガッツリ食べられるので満腹感の得られる品でした。味のバランスでは「アボカドハンバーグ バランス野菜仕立て」が肉も野菜も楽しめる点で優っていた気がします。

もらった引換補助券は9枚。


引換期限は8月31日(月)ですが、当日中にもらってしまいました。


グラスはちょっと真ん中のところが凹んだもの。これは実際にデニーズのお店で使用しているのと同じデザインだそうです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
CoCo壱番屋で「カレーのトッピング全部のせ」に挑戦してみた ~実食編~ - GIGAZINE

超巨大でジューシーな「わらじメンチカツ」を食べるために「ブルドック」へ行ってきました - GIGAZINE

銀の窯 包み焼きハンバーグステーキを作ってみた - GIGAZINE

国産肉100%使用、モスバーガーの「とびきりハンバーグサンド」試食レビュー - GIGAZINE

衝撃的な新種の「トーフハンバーグ」を発見したので買ってきた - GIGAZINE

レストランの中で自分の腕を切り落とそうとした男 - GIGAZINE

in 試食, Posted by logc_nt

You can read the machine translated English article here.