デザイン

ベルリンのいたるところで使われているフォントについてデザインを手掛けたスタジオが解説


ドイツのベルリン市は2020年から新しいアルファベットフォント「BERLIN TYPE」を採用しました。このBERLIN TYPEを手掛けたデザインスタジオのHvD Fontsが、フォントについて解説しています。

BERLIN TYPE | HvD Fonts
https://www.hvdfonts.com/custom-cases/berlin-type


BERLIN TYPEはベルリン市から、ドイツで2番目の規模を持つ広告代理店であるJung von Matt経由で、HvD Fontsにデザインが依頼されました。HvD Fontsはこのデザインについて、「生まれも育ちもベルリンであるデザイナーにとって、都市の多様性とセンス、都市の過去と現在を融合させることは、かなりの挑戦です」と語っています。

実際にベルリンの公式フォントとして用いられているBERLIN TYPEは以下のような感じ。


BERLIN TYPEはベルリンにある駅の標識や街路標識などに用いられています。ベルリンは街の東側と西側で建物のデザイン様式がかなり異なっており、BERLIN TYPEはそのどちらにもマッチするよう工夫されているそうです。

また、ベルリンの地下鉄駅は古いもので1902年に開業し、そこから10年ほどに作られた駅には、19世紀末から20世紀初頭ドイツの美術傾向を指すユーゲントシュティールの痕跡が残っています。同じように、1960年代と1979年前後に建設された駅は当時の歴史的特徴を表しています。このような地下鉄駅ごとのデザイン様式の違いも、BERLIN TYPEをデザインする際の刺激的なインスピレーションになったとHvD Fontsは語っています。


東ベルリンの道路標識はプラスチックの層を削って作られていることで、文字に丸い角ができてしまいます。一方で、西ベルリンは穴の空いた型にインクを流していくシルクスクリーン印刷が採用されているため、角があるのが一般的でした。東西ベルリンが統一された後、1990年代半ばに文字デザイナーのアンドレアス・フローロフ氏が東西の意匠を統一したフォントで道路標識を改訂し、2024年現在では元の2種のフォントとフローロフ氏のフォントの3種をベルリン市内で見かけることができます。このような標識の様子も、BERLIN TYPEをデザインする際の研究として生かされているとのこと。


その他、HvD Fontsはベルリンの建物や記念碑など、過去100年間の歴史的な写真をベルリン市立博物館の協力も得ながら何時間もかけて調べ、ベルリンにふさわしいフォントを研究しました。HvD Fontsによると、特に1920年代はベルリンの経済成長と芸術・文化の開花が起きた激動の時代であり、ユニークなネオンサインやレタリングが目立っていたそうです。また、1950年から60年頃の再建期には、ブランド特有の看板やレタリングが街を彩りました。


これらの研究をふまえ、BERLIN TYPEはグリッド上にピクセルごとの繊細で正確な描画を用いて1文字ずつデザインされました。文字は光学的に調和するよう調整されており、小さなサイズの文字にも耐え、読書中に快適なリズムを維持できるよう工夫されています。


HvD FontsはBERLIN TYPEの主な特徴として、オリジナリティと識別しやすさを向上させるための5点を挙げています。1つ目は、上下をフラットにして描画しやすいデザインになっている点。2点目は、1920年代ベルリンで用いられた「重心が低いR」。3つ目は、小文字の「t」と「l」を判別しやすいように「t」の上部を斜めにカットしたようなデザイン。4つ目は少しワイドに作られた「z」で、5つ目はzと同じように角が丸くRのように上部分が大きい「4」。


その他、小文字の「x」が大文字の半分より少し大きめで可読性が向上している他、東ベルリンの標識のように角が丸く温かみやフレンドリーさを生んでいるなど、あらゆる場所にマッチしつつ可読性が上がる工夫が凝らされています。また、全てのヨーロッパ言語をカバーする文字セットとして、アクセント記号やギリシャ文字、通貨記号など印刷用の追加文字も豊富に提供しています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「フォント」のルーツと「フォントビジネス」の歴史とは? - GIGAZINE

ロゴデザインやタイポグラフィのセンスを街中で磨く方法 - GIGAZINE

適切なフォントを選択するためのチェックリスト - GIGAZINE

有名IT企業のロゴマークの移り変わり - GIGAZINE

デジタル印刷技術を一気に向上させてDTPに革命を起こした「PostScript」が生まれた経緯とは? - GIGAZINE

無料でダウンロードできるフォントを書体や見た目のイメージから検索できる「モジザイ」 - GIGAZINE

in デザイン, Posted by log1e_dh

You can read the machine translated English article here.