メモ

1万2000人を解雇したGoogleに対して投資家がさらなる人員削減と給与引き下げを要求


Googleの持株会社Alphabetは2023年1月、全従業員の6%にあたる1万2000人を解雇しました。これによりGoogle CloudやGoogle Researchでは注力しない分野で人員が削減されましたが、投資家からは、さらなる人員の削減と、業界水準に比べて高すぎるという給与の引き下げを求める声が出ています。

(PDFファイル)20th January 2023 - TCI Fund Management Limited
https://www.tcifund.com/files/corporateengageement/alphabet/20th January 2023.pdf


Google institutional investor calls for wider cuts: 30k jobs • The Register
https://www.theregister.com/2023/01/25/google_investor_more_cuts/

Alphabetのサンダー・ピチャイCEOおよび取締役会に宛てた書簡を発表したのは、イギリスの著名なヘッジファンドマネージャーであるクリストファー・ホーン氏が運営するヘッジファンド・TCI Fund Managementです。


TCIは、Alphabetが人員削減を行ったことについて「正しい方向への一歩」と評価しつつも、そもそもAlphabetは業務上必要な数を超えて人員を増やし続けているため、「経営陣はさらに踏み込む必要がある」と述べ、具体的に「2021年末のAlphabetの従業員数である15万人程度を目標に削減すべき」と提言しました。

TCIやニュースサイト・The Registerによれば、Alphabetの従業員数はここ5年で2倍以上に増加しており、特に、2020年時点では12万人だった人員は2021年末には15万人に、さらに2022年9月末には18万7000人にまで増えていたとのこと。その後、1万2000人が解雇されて17万5000人ほどに減っていますが、TCIはさらに3万人弱の整理を求めている形です。

なお、TCIは「給与削減」も求めています。Alphabetの平均給与は30万ドル(約3880万円)で、これはアメリカの20大テック企業より152%も高く、Microsoftより67%高いとのことです。

The Registerによれば、TCIが保有するAlphabetの株式は0.27%相当の60億ドル(約7750億円)分で、これは株主上位20位にギリギリ入らないぐらいの数だそうです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Spotifyが全従業員の約6%にあたる約600人を解雇 - GIGAZINE

Microsoftが1万人の解雇を決定、1540億円のリストラ費用を投じた史上2番目に大規模な人員整理 - GIGAZINE

Amazonが史上最多の1万8000人以上の解雇を開始、主に小売部門と人事部門に影響 - GIGAZINE

Googleが1万人以上の人員削減を進めるために社内の業績評価システムを厳しくしている可能性 - GIGAZINE

in メモ, Posted by logc_nt

You can read the machine translated English article here.