モバイル

iPhone 13の「認定業者以外がディスプレイを交換するとFace IDが使えなくなる罠」がまもなく解除されるという報道


最新ガジェットを分解する記事を真っ先に報じることで知られるiFixitなどが報じた「iPhone 13はディスプレイを自力で交換すると、ディスプレイとFace IDモジュールが分離されているにもかかわらずFace IDが無効化される」という現象について、新たにAppleが「ディスプレイ交換後もFace IDを機能させるソフトウェアアップデートを配信する」と語ったと報じられました。

Apple’s New Screen Repair Trap Could Change the Repair Industry Forever | iFixit News
https://www.ifixit.com/News/54829/apples-new-screen-repair-trap-could-change-the-repair-industry-forever

Apple backs off of breaking Face ID after DIY iPhone 13 screen replacements - The Verge
https://www.theverge.com/2021/11/9/22772433/apple-iphone-13-screen-replacements-face-id-software-update

"LOL JK" - Apple Changes Mind, Says They Will Allow Third-Party Screen Repairs on iPhone 13 - FrontPageTech.com
https://www.frontpagetech.com/2021/11/09/lol-jk-apple-changes-mind-says-they-will-allow-third-party-screen-repairs/

これまでの報告によって、iPhone 13には「認定業者以外がディスプレイを交換するとFace IDが無効化される」という現象が存在することが確認されていました。

iPhone 13はサードパーティーの修理業者に画面修理を依頼するとFace IDが機能しなくなる可能性 - GIGAZINE


これについて、iFixitが新たに公開したiPhone 13のディスプレイを交換するとFace IDが使えなくなることを確認するムービーが以下。

Apple Broke iPhone 13 Screen Repairs - YouTube


iPhoneのディスプレイを工具で開けて……


本体とディスプレイを分離します。


交換後のディスプレイでは、以下のように「Face ID is Not Available(Face IDは利用できません)」と表示されます。


iFixitによると、この現象はディスプレイとFace IDモジュールが分離されているにもかかわらず生じるもので、これまでのiPhoneには搭載されていなかった指の爪にも満たないほど小さなマイクロコントローラーに起因するとのこと。


この小さなマイクロコントローラーはディスプレイとペアリングされており、Apple StoreやAppleの認定修理業者のみが使用できるソフトウェア「Apple Services Toolkit 2」による修理承認システムと連動しています。この修理承認システムは、Appleのクラウドサーバーに修理記録としてiPhoneとディスプレイのシリアル番号を入力することでFace IDを有効化させるそうで、Appleが個々の修理を承認/拒否するための仕組みとのこと。このことから、この現象をiFixitは「スクリーン修理トラップ」と表現していました。

こうした事情に対して修理業者が声を上げた結果、Appleは方針を転換したと報じられています。AppleがIT系ニュースサイトのThe Vergeに対して語ったところによると、Appleはディスプレイ交換後もFace IDを機能させるソフトウェアアップデートを今後配信する予定とのこと。ただし、このソフトウェアアップデートの配信日については明かされませんでした。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
AppleがMacにタッチスクリーンやFace IDを搭載しない理由を説明 - GIGAZINE

iPhone 13 Pro Maxの製造コストは約5万円で原価率は36.5%という新たな分析結果 - GIGAZINE

Appleが社内用に作成したiPhone修理ムービーが流出、iFixitの技術力の高さが証明される - GIGAZINE

in モバイル,   ハードウェア,   動画, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.