ソフトウェア

スケッチを一瞬でベクター画像にすることがiPad版Illustratorで可能に、デスクトップ版では3Dエフェクトが強化される


Adobe製品の新機能を発表する「Adobe MAX 2021」のKeynoteで、Illustratorの新機能が発表されました。iPad版Illustratorではスケッチをボタン1つでベクター画像にする新機能が追加され、デスクトップ版Illustratorでは3Dエフェクトの強化により、パスから簡単に3Dオブジェクトを作成したり、ライティングを設定したり、回転やテクスチャの追加ができるようになったりしています。また無料のお絵かきアプリ・Frescoではイラストをアニメーション化できる「モーション機能」が追加されています。

Adobe MAX 2021 | The Creativity Conference
https://www.adobe.com/max.html

◆Adobe Fresco
無料のお絵かきアプリ・Frescoには、まず、作品に動きを追加してアニメーション化できる「モーション機能」が追加されました。また色調補正が可能になったほか、消失点を3点まで追加できる「遠近グリッド」や、線画の着彩をスピーディーに行う「参照レイヤー」も搭載されています。


モーション機能は以下のような感じ。「モーション設定」という箇所で「フレーム/秒」を指定し、ループ再生するか、オニオンスキンを有効にするかなどを選択します。


フレームは以下のように表示されます。


パスに効果を設定するエフェクトも。


非常に直感的な操作で簡単に手描きイラストをアニメーション化できるようになるとのこと。


◆iPad版Illustrator
Illustratorの新機能としてめちゃくちゃ便利なのが、手描きスケッチなどを一瞬でベクター化できる機能。通常、手描きイラストをベクター化する場合、形を1つ1つパスツールなどで選択していく必要がありますが……


ボタン1つでパスを選択し、ベクター画像にできます。


選択パスは完全に編集可能。


ベクター画像なので線の太さを変えたり……


拡大縮小・回転や……


グラフィックを追加したりすることが可能。


これらの機能はデスクトップ版Illustratorではすでに可能ですが、iPad版で利用可能になることで、まったく別の体験が生み出されるとのことです。


完成したロゴはこんな感じ。


◆デスクトップ版Illustrator
さらに、iPad版で作成したロゴを、デスクトップ版Illustratorで開きます。


デスクトップ版Illustratorでは今回、3Dエフェクトが強化されました。2Dで作成された以下のロゴのパスに……


深度を追加して、このように3D化できます。


3Dオブジェクト化したロゴは深度を浅くしたり深くしたり、さまざまな角度に変えたり……


光源を追加して影をつけたりも可能。


ハイライトをつけてみました。このような3D処理が行えるのも、スケッチをベクター化したからこそといえます。


また、Adobe Illustratorデスクトップ版とiPad版がどちらもコメントパネルのリンク共有に対応し、ドキュメントを他のチームメンバーや関係者と共有して素早くフィードバックを得られるようになりました。


リンクをクリックした人はブラウザ上でファイルを開き、その場でファイルに書き込みを行えます。


フィードバックはIllustrator上でも確認可能です。


・続き
写真の「空」や「人物」だけを一瞬で選択して画像加工を高速化する「Photoshop Lightroom」新機能 - GIGAZINE

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
クリエイターの祭典「Adobe MAX 2021」開催、Photoshop・Illustrator・Premiere Pro・After Effectsなどの新機能はどのように進化するのか? - GIGAZINE

ウェブ版Photoshop&Illustratorの登場や進化しすぎなオブジェクト選択ツールなどAdobe製品新機能まとめ - GIGAZINE

Photoshopが一瞬で複数のオブジェクトを自動選択してそれぞれレイヤー化してくれる超絶便利な新機能「オブジェクト選択ツール」はどんな感じなのか? - GIGAZINE

in ソフトウェア, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.