ソフトウェア

iPadでフォトショのフル機能が使える「Photoshop for iPad」のベータプログラムが開始


iPadに特化したPhotoshop CCをAdobeがリリース予定であることは2018年に話題となりましたが、新たに、AdobeがCreative CloudユーザーへPhotoshop for iPadベータプログラムのメール案内を開始したことがわかりました。

Photoshop for iPad beta signups now open - 9to5Mac
https://9to5mac.com/2019/05/13/photoshop-for-ipad-beta/


案内メールの開始を報じたのはApple系情報メディアの「9to5Mac」。9to5Macによると、Adobeからのメールには以下のGoogleフォーラムへのリンクが記されていて、メールアドレス・フルネームの記入欄と、「なぜiPad版Photoshopに興味を持ったのかを簡単に教えてください」という質問欄があります。

Contact information


ただし、iPad版Photoshopのリリース日などの詳細は不明です。また、ベータプログラムへの申し込みは可能ですが、いつからプログラムが始まるのかは記事作成時点ではわかっていません。

もともとAdobeがiPad版Photoshopについて発表したのは2018年10月に行われたAdobe MAX conferenceでのこと。このカンファレンスでAdobeはマルチレイヤーのPSDファイルをiPad Proで操作するデモを行いました。このデモから、iPad版Photoshopはデスクトップ版と同様のツールバー操作やレイヤー管理、フィルター、色調補正、マスクなどの機能が使用可能になるとみられています。


それに加えて、iOS版PhotoshopはコンスタントにCreative Cloudと同期して、変更がデスクトップ版Photoshopにも反映されていくとのこと。つまり、iPadとPC間でシームレスに作業を移行できるようになるわけです。

iPad向けのPSDが使えるフル機能版「Photoshop CC」が2019年リリース決定、プロトタイプの動きはこんな感じ - GIGAZINE
>

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
無料でブラウザ上からPhotoshop並に画像を編集しまくれる多機能ツール「Photopea」を使ってみた - GIGAZINE

Adobeが超絶役立つPhotoshop初心者向けのチュートリアル動画集「3, 2, 1… Photoshop!」を公開 - GIGAZINE

Photoshopの合成には限界などないと思わされるスーパー魔改造を一部始終押さえたムービーがスゴイ - GIGAZINE

Photoshopでやってしまいがちな12個の間違った使い方 - GIGAZINE

Photoshop登場までの知られざる歴史 - GIGAZINE

AdobeがCreative Cloud内のPhotoshop・Premiere等の一部旧バージョンを認定除外、「第三者からの権利侵害を主張される可能性」 - GIGAZINE

・関連コンテンツ

in ソフトウェア, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.