ネットサービス

Amazonの販売業者が金銭と引換に低評価を取り消すように要求していたことが判明、メールアドレスも不正に取得


Amazonでは金銭を受け取って商品に対する高評価なレビューを投稿させる不正行為が横行しており、2021年6月には不正行為を行っていたとされる家電メーカーの製品がAmazonから一斉に削除される事態が発生しました。そんなAmazonの不正レビューを巡って、新たに「金銭と引換に、低評価なレビューの取り下げを求める」という不正行為を行っている業者の存在をウォール・ストリート・ジャーナルが報じています。

When Amazon Customers Leave Negative Reviews, Some Sellers Hunt Them Down - WSJ
https://www.wsj.com/articles/when-amazon-customers-leave-negative-reviews-some-sellers-hunt-them-down-11628420400?mod=djemalertNEWS

今回、不正行為の存在を報告したのは、アメリカ・ニューヨークで暮らすキャサリン・スコット氏です。スコット氏は平均4.5点、合計1000件近くの評価を獲得していた10ドル(約1100円)のオイルスプレーを、2021年3月にAmazonで注文しました。しかし、スコット氏の元に届いたオイルスプレーは宣伝されていた通りの機能を持たず、ひどい液だれを起こす製品だったとのこと。スコット氏はこのオイルスプレーに対して否定的なレビューを投稿しました。


低評価レビューを投稿してから1週間後に、スコット氏はオイルスプレーの販売元のカスタマーサポートチームから「私たちは全額を返金する用意があります」「都合のいい時に、レビューの削除を検討していただけたら幸いです」と記されたメールを受け取りました。スコット氏はレビューを削除するつもりがなかったため、払い戻しのみを要求しましたが、払い戻しは拒否されました。

その翌日には、カスタマーサポートチームから「商品に対する否定的なレビューは、私たちにとって致命的な打撃です」「レビューを削除するのを手伝ってもらえますか?もし削除することが可能ならば、感謝の気持ちを伝えるために20ドル(約2200円)を返金したいと思います」と、商品の代金の2倍の金額を支払う代わりに否定的なレビューの削除を求めるメールが送られてきました。

Amazonは、Amazonマーケットプレイスを利用する販売業者に対して、ユーザーのメールアドレスを開示していません。それにもかかわらずオイルスプレーの販売業者から直接メールを受け取ったスコット氏は、Amazonに上記のやり取りを報告し、対応を求めました。しかし、Amazonからは「事件を調査します」という連絡があったのみで、その調査結果は知らされませんでした。

ウォール・ストリート・ジャーナルがAmazonに対してスコット氏の一件についてのコメントを求めたところ、Amazonは「その問題は内部プロセスによって検知され、適切な措置を施しました」と述べ、スコット氏が購入したオイルスプレーのページや販売業者のページを削除しました。しかし、記事作成時点でもAmazon.comで「oil spray(オイルスプレー)」と検索すると、スコット氏が購入したものと同一デザインの製品がズラリと表示されます。


これらのオイルスプレーの中でも4000件を超える評価を獲得しているオイルスプレーのレビュー欄を確認したところ、「この製品は使いものになりません」「高い評価のレビューを投稿すると、金銭を得ることができる仕組みが存在します」といったレビューと共に、「否定的なレビューを投稿したところ、30ドル(約3300円)と引き換えにレビューの削除を求める連絡が届きました」というスコット氏と同様の状況に遭遇した人物のレビューも投稿されていました。


スコット氏によると、購入したオイルスプレーには「メールアドレスとAmazonでの注文IDを入力すると無料ギフトをプレゼントする」という旨が記されたカードが同梱されていたとのこと。ウォール・ストリート・ジャーナルは、販売業者が無料プレゼントキャンペーンを利用してユーザーのメールアドレスを収集していたと推測しています。

ウォール・ストリート・ジャーナルは、ユーザーに金銭と引き換えにレビューの取り下げを求める行為や、メールアドレスを収集する行為はAmazonの規約に違反していると指摘。ウォール・ストリート・ジャーナルは同様の被害を減らすために、「メッセージのやり取りを全て保存する」「できるだけ多くのスクリーンショットと共にAmazonへ報告する」「販売者からのメールを迷惑メールに指定する」といった対策を推奨しています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Amazonの不正レビューを判定するだけではなく「なぜ不正レビューと判定されたのか」も詳しく教えてくれるネットサービス「ReviewMeta」 - GIGAZINE

Amazonの偽レビュー組織が20万件以上の個人情報を含むデータベース漏えいで明らかに - GIGAZINE

AmazonがAukeyやMpowに続けてRavPowerの製品も削除 - GIGAZINE

Amazonで200件近くの好評価を謎の中国業者に乗っ取られた一部始終とは? - GIGAZINE

Amazonに偽レビューを投稿する組織の存在が明らかになったのち人気AppleアクセサリーがAmazon上から消える - GIGAZINE

Amazonのレビュアーランキング上位10名中7人が「ステマレビュー」を投稿、Amazonは2万件のレビューを削除 - GIGAZINE

in ネットサービス, Posted by log1o_hf

You can read the machine translated English article here.