ネットサービス

Googleが開発中の新システムを早くも欧州委員会が独占禁止法違反で調査

by Thomas Hawk

Googleはさまざまな慣行において独占禁止法(反トラスト法)違反の疑いから調査対象となっていますが、新たに欧州委員会(EC)も2021年6月23日付けで、オンライン広告技術の市場における「反競争的行為の可能性」について調査を開始しました。

Antitrust: Google in the online advertising technology
https://ec.europa.eu/commission/presscorner/detail/en/ip_21_3143

EU launches antitrust probe into Google banning third-party cookies in Chrome | Ars Technica
https://arstechnica.com/tech-policy/2021/06/eu-antitrust-regulators-launch-probe-into-googles-floc-plan/

Google Faces EU Antitrust Probe of Alleged Ad-Tech Abuses - WSJ
https://www.wsj.com/articles/google-faces-eu-antitrust-probe-of-alleged-ad-tech-abuses-11624355128?mod=djemalertNEWS


ECが開始した調査は、いわゆる「アドテク(広告配信技術)」についてのもの。Googleはデジタル広告を配信するプラットフォームを運営する一方で、自らがそのプラットフォームに参加する形を取っています。ECは主に、Googleが「ウェブサイトやアプリ上において広告目的で使用されるユーザーデータへのアクセスを、サードパーティーに対しては制限しておきながら、自社では使用したか否かについて」を調査するとのこと。

「Googleはオンラインディスプレイ広告のサプライチェーンにおいて、ほぼ全てのレベルに存在します。懸念されるのは、いわゆるアドテクに関して、Googleがライバル会社の競争を困難にしているという点です」とECのMargrethe Vestager氏は述べています。


またGoogleは既存のサードパーティーCookieを利用した広告の仕組みを近いうちに廃止し、「FLoC」というAPIを使った仕組みに移行予定です。この移行はプライバシーサンドボックスという提案の中で議論されていますが、ECはプライバシーサンドボックスの計画を含め、Chromeについても調査を行う意向です。FLoCはまだ開発・テスト中の技術ですが、既に多くの懸念点が指摘されており、アメリカでも独占禁止法違反で調査が開始されています。

Googleが開発中で「最悪」と指摘される新システムが早くも独禁法違反で調査開始 - GIGAZINE


加えて、GoogleはAndroidアプリに関して、ユーザーがパーソナライズされた広告をオプトアウトした時に、サードパーティーによる広告識別子の使用を停止する計画を立てていますが、この影響についてもECの調査対象となっています。

「Android 12から広告のトラッキングを拒否できる機能を段階的に実装する」とGoogleが認める - GIGAZINE


ECが示している具体的な調査ポイントは以下の通りとなっています。

・YouTubeでオンラインディスプレイ広告を購入するためにGoogleディスプレイ&ビデオ360(DV360)もしくはGoogle広告を使用しなければならないこと。
・YouTubeで広告枠を提供するためにGoogleアドマネージャーを使用しなければならないこと。またGoogleアドマネージャーと競合するサービスがYouTubeにオンラインディスプレイ広告を配信することに対しGoogleが潜在的な制限を課していること。
・DV360やGoogle広告におけるGoogleのエクスチェンジ「AdX」への明らかな優先、そしてAdXにおけるDV360やGoogle広告の潜在的な優先。
・広告主、パブリッシャー、広告仲介企業といったサードパーティーに対する「ユーザーの行動やアイデンティティーといったデータに関するアクセス」を、Googleが制限したこと。
・ChromeにおいてサードパーティーCookieを廃止し、プライバシーサンドボックスと呼ばれるツールセットを開始しようとしていることの市場への影響。
・Androidアプリにおいて、ユーザーがパーソナライズされた広告をオプトアウトした時に、サードパーティー対する識別子を停止する計画での市場への影響。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Googleは独禁法に違反しているのか?という問題の本質を詳細に解説するとこうなる - GIGAZINE

Googleが独禁法訴訟で約300億円を支払いプラットフォームの運用変更を強いられる - GIGAZINE

Googleの「秘密プログラム」の存在が独占禁止法訴訟の中で明らかに - GIGAZINE

Googleが開発中で「最悪」と指摘される新システムが早くも独禁法違反で調査開始 - GIGAZINE

Googleがニュース使用料の支払いで独占禁止法違反の疑い、最大1兆9000億円の罰金の可能性あり - GIGAZINE

Googleがさらなる独占禁止法違反の訴訟に直面、今度はFacebookとの共謀の疑いも - GIGAZINE

Googleが「独占禁止法違反」で司法省から提訴される - GIGAZINE

in ネットサービス, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.