メモ

メジャーリーグで流行中の「ボールに粘着物をくっつけて回転数を上げる」裏技を実験で検証、打ちにくい球を投げられるようになるのか?


野球ではピッチャーが滑り止めのロジン以外の粘着物を指に付けて投球を行うことは禁じられています。しかし、メジャーリーグでは長年にわたって多数の選手が松ヤニなどを指につけた不正な投球を続けてきたというウワサがあり、近年では投球の回転数が顕著に上昇していることからメジャーリーグ機構がルールを改定する予定だと大きく報じられています。このような流れの中、「問題の裏技を使うとどれくらい大きな変化が生じるのか?」という疑問について、スポーツ専門ニュースメディアのtheScore.comが実験を行っています。

Baseball's dirty little secret is out. We decided to experiment | theScore.com
https://www.thescore.com/mlb/news/2180019

ボールや手に粘着物をくっつけて変化球などを曲がりやすくしたり回転数を上げたりする行為はルール上で明確に禁じられていますが、メジャーリーグの公式球はツルツルな質感であることから、機構側も度が過ぎない限りは黙認するという「お目こぼし」が存在してきました。しかし近年はこの不正行為が傍目に分かるほど顕著となっており、ヤンキースのエースであるゲリット・コール投手やドジャースのサイ・ヤング賞右腕トレバー・バウアー投手などが容疑者筆頭と目されています。

サイ・ヤング賞投手たちの異常なデータ…「悩みではあった」ダルビッシュも指摘する“不正投球問題の実情” - MLB - Number Web - ナンバー
https://number.bunshun.jp/articles/-/848418


こうした状況を受け、メジャーリーグ機構がルール改定に着手し、この問題にメスを入れようとしていることが大きく報じられています。一連の問題の根幹を成す「ボールに粘着物をくっつけると大きな違いが出るのか?」という疑問について、theScore.comが実験レポートを公開しました。

実験の協力者となったのは、ピッツバーグ大学のTom Colcombe氏とシートン・ヒル大学のSpencer Curran氏。Colcombe氏とCurran氏、theScore.com記者のTravis Sawchik氏の3人はメジャーリーグで横行しているといわれる「Spider Tack」などさまざまな粘着物を手に付着させ、スピードガン・Rapsodoに向かってボールを投げ込む実験を繰り返しました。以下はSpider Tackを手にくっつけるSawchik氏。


実験の結果が以下で、こちらはFastball(ストレート)に関する表。Baseline(基準値)が何も手に付けない時の投球で、それより下はRosin(ロジン)・Sunscreen mix(ロジン+日焼け止め)・Pine tar(松ヤニ)・Firm Grip(Cramer Firm Gripという滑り止め製品)・Spider Tackと付着物質の名称が並んでいます。Veloは球速(単位はマイル毎時)、Spinは回転数、Ratioは球速に対する回転数の比率で、ここでは「打ちにくさの指標」として表記されています。Spider Tackでは、球速はおよそ2.9mph(4.7km/h)低下しますが、回転数は420rpmも向上。この回転数の向上によって、ストレートの落下量は2インチ(約5cm)も少なくなるという結果が得られました。


続くBreaking ball(変化球)の実験結果が以下。滑り止め製品のFirm Gripが球速・回転数ともに1位という結果。使用時には回転数を460rpmも向上させる効果を得られます。


粘着物がボールに与える最大の影響は、「回転数の向上」です。ボールの回転数が増加するとボールにかかるマグヌス効果が大きくなるため、変化球はより大きく曲がり、直球は重力に逆らってよりまっすぐ飛ぶようになります。2020年のシーズン以来、メジャーリーグの打者は回転数が2250~2350rpmのフォーシーム・ファストボール(いわゆるストレート)に対して.264という打率を残していますが、2500rpm以上のファストボールに対しては.217という打率しかありません。投球の回転数は年々記録的な急増を見せており、2021年度は史上まれに見る打率の低いシーズンとのことです。

なお、おまけ実験として記載されていた「食料品店で購入できる製品」を手にくっつけた場合の結果が以下。こちらの実験はメジャーリーグでプレーした経験を持つHarold Mozingo氏が担当。


Super blow popBlow popはアメリカで一般的なロリポップキャンディ。Bubblicious gumは日本でも販売されるガムのバブリシャス。Tootsie Rollはチョコレート風味のキャンディーで、Pine tar・Sunscreen plus rosinは前述と共通。Garlicはニンニクで、Baby powderはベビーパウダー、Sunscreenは日焼け止め単品。日焼け止めはロジンと組み合わせないと単に滑るだけだそうです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
物理学に精通した現役MLB投手が理想のボールを投げるために考えていることとは? - GIGAZINE

メジャーリーグ11シーズン・400万球分の投球データを分析して審判がどれだけ正しくジャッジできているのかを分析した結果 - GIGAZINE

110マイル(177km/h)の速球が不可能な理由など野球の魅力「速球」を科学的に検証する - GIGAZINE

人類はいかにして地上最強の「物を投げる力」を持つ生物になったのか? - GIGAZINE

in メモ, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.