ネットサービス

Google・Apple・Facebook・Amazonなど超巨大IT企業を狙い撃つ規制法案がアメリカ下院に提出される


アメリカ下院に属する超党派の議員グループがApple・Amazon・Facebook・Googleなどのいわゆるビッグ・テック(日本ではGAFAとも)への規制を強化する独占禁止法改正案5本を提出しました。

House Lawmakers Release Anti-Monopoly Agenda for “A Stronger Online Economy: Opportunity, Innovation, Choice” | Congressman David Cicilline
https://cicilline.house.gov/press-release/house-lawmakers-release-anti-monopoly-agenda-stronger-online-economy-opportunity

House lawmakers introduce five bipartisan bills to unwind tech monopolies - The Verge
https://www.theverge.com/2021/6/11/22529857/democrats-antitrust-big-tech-facebook-amazon-google-apple-competition-package-bills

US Ending Platform Monopolies Act Amazon killing draft bill - Tamebay
https://tamebay.com/2021/06/us-ending-platform-monopolies-act-amazon-killing-draft-bill.html

New House Bills Would Ban These 15 Tech Conveniences That Consumers Love | by Adam Kovacevich | Chamber of Progress | Jun, 2021 | Medium
https://medium.com/chamber-of-progress/new-house-bills-would-ban-these-15-tech-conveniences-that-consumers-love-f55289701ae8

新たに提出された法案5本は、2020年に行われたGoogle・Apple・Facebook・Amazonの各CEOを招いて行われた公聴会などの結果から起草されたもの。こうした巨大企業の独占に関し、民主党議員は2020年10月の時点で449ページにわたるレポートを提出し、「市場独占力を抑制する必要がある」と主張しました。

Google・Amazon・Facebook・Appleの市場独占に関する民主党主導のレポートが公開、共和党の議員からは反発も - GIGAZINE


今回提出された独占禁止法改正案5本も上記のレポートに基づいたもので、提出者は下院司法委員会に属する独占禁止小委員会の主要メンバーら。提出された改正案5本が以下、リンク先はいずれもPDFファイルです。

1.American Choice and Innovation Online Actプラットフォーム上における自社製品などの優遇措置に対する規制法。
2.Platform Competition and Opportunity Act of 2021競争の脅威になり得る企業の買収や、プラットフォームの独占力を拡大および定着させうる買収を禁じる法律。
3.Ending Platform Monopolies Act支配的なプラットフォームが自身の支配力を活用し、自由かつ公正な競争を損なう方法で競合他社を優遇したり冷遇したりすることを禁じる法律。
4.Augmenting Compatibility and Competition by Enabling Service Switching (ACCESS) Act企業と消費者の参入障壁とスイッチングコストを下げることでオンライン上の競争を促進させるため、企業に相互運用性とデータポータビリティを義務づける法案。
5.Merger Filing Fee Modernization Act of 2021独占禁止法の積極的な執行に必要なリソース確保のため、10億ドル(約1100億円)を超える買収の手数料を引き上げる法案。

これら改正案5本は実質的にGoogle・Amazon・Facebook・Appleなどを狙い撃ちにする法案とされており、起草を主導した独占禁止小委員会のデイビッド・シシリーニ委員長は「現在、規制されていないテクノロジーの独占企業が我々の経済に対して有する力は途方もなく強大です。こうした独占企業は勝者と敗者を選別し、中小企業を破壊し、消費者価格を引き上げ、失業を生み出す立場にあります。我々のアジェンダは競技場を公平にし、最も裕福で強力なハイテク企業が平等なルールでプレーすることを保証します」と述べ、巨大企業の規制という目標を明確にしています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Googleが独禁法訴訟で約300億円を支払いプラットフォームの運用変更を強いられる - GIGAZINE

Amazonが「市場価格を不当に引き上げている」として訴えられる - GIGAZINE

Google・Amazon・Facebook・Appleはライバルを一掃して市場を独占しているのか、各CEOの発言はこんな感じ - GIGAZINE

巨大ハイテク企業は独占禁止法で規制されるべきなのか? - GIGAZINE

「Amazonによる市場独占は何が問題なのか&どう行われているのか?」を専門家が解説 - GIGAZINE

in ネットサービス, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.