ハードウェア

「USB Type-C Revision 2.1」では240Wと現行の倍以上の電力が供給可能に、PCやモニターをUSBで使えるようになる可能性も


USB規格の仕様策定を行っている非営利団体のUSB Implementers Forum(USB-IF)が2021年5月25日に、USB Type-Cの新たな仕様をまとめた「Revision 2.1」を発表しました。2年ぶりとなる今回のメジャーリビジョンにより、USB Type-Cで供給できる電力が現行の100Wから240Wに大幅に増加することから、USBで高性能なPCや大画面のモニター、プリンターなども使えるようになると期待されています。

USB Type-C® Cable and Connector Specification Revision 2.1 | USB-IF
https://usb.org/document-library/usb-type-cr-cable-and-connector-specification-revision-21

USB-C Revision 2.1 preps manufacturers for 240W devices and USB4 | Android Central
https://www.androidcentral.com/usb-c-revision-21-preps-manufacturers-240w-devices-and-usb4

USB-C upgrade delivers a whopping 240W for gaming laptops and other power-hungry devices - CNET
https://www.cnet.com/news/usb-c-upgrade-delivers-a-whopping-240w-for-gaming-laptops-and-other-power-hungry-devices/

USB-C will soon be able to charge at 240W, more than 2x its current limit
https://thenextweb.com/news/usb-c-gets-240w-charging

USB-IFの発表を取り上げたニュースサイト・Android Centralによると、「USB Type-C Revision 2.1」では急速充電規格のUSB Power Delivery(USB PD)を改定し、新たに240Wの電力に対応する「Extended Power Range(EPR)」が導入されるとのこと。USB PDが扱える電力は最大100Wなので、今回の改定によりUSBで供給できる電力が2倍以上に増えることになります。

USBが240Wもの電力を供給できるようになることで、高性能なデバイスや大画面のモニターなどもUSBで動かせるようになります。例えば、HPの17インチゲーミングノートPCである「Omen」や、Dellの32インチ4Kモニター「UltraSharp」の最大消費電力は230Wです。


EPRの導入により、「Standard Power Range(SPR)」と呼ばれる現行のケーブルは廃止され、EPRに対応していることが一目で分かるようなマークがついたケーブルに置き換えられることになります。

IT系ニュースサイトのThe Next Webは、「ハイパワーのUSB Type-Cケーブルの購入を考えている人は、新しくEPRに対応したUSBケーブルが2021年末か2022年初頭に登場するまで待った方がいいかもしれません。また今回の発表は、1つの電源でいろいろなデバイスを使えるようになることを夢見てきた人にとっても朗報です。USB Type-Cの登場により、スマートフォンの充電機器でノートPCも充電できるようになるといった恩恵がありました。ひょっとすると、2030年ごろには電気自動車もUSBで充電できるようになっているかもしれませんね」とコメントしました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
最大転送速度40GbpsでUSB 3.0の8倍速い「USB4」の技術仕様をUSB-IFが正式に公開 - GIGAZINE

新旧入り交じり混乱を極めるUSB規格をスッキリ解説 - GIGAZINE

「USBに裏表がある理由」をUSBの開発者が明かす - GIGAZINE

1つでたったの0.05円という超激安USB Type-Cコネクタはどの部分の質が低いのか? - GIGAZINE

向きに関係なく挿せるUSBコネクタの新規格「Type-C」はUSB 3.1をサポートし小型化 - GIGAZINE

in ハードウェア, Posted by log1l_ks

You can read the machine translated English article here.