メモ

史上初「無敗の牝馬三冠」をデアリングタクトが達成


2020年10月18日(日)、京都競馬場で第25回秋華賞が開催され、1番人気のデアリングタクトが勝利しました。牝馬三冠達成は6頭目で、無敗での達成は史上初です。

秋華賞(GI)を優勝したのは、#デアリングタクト

史上初!無敗の牝馬三冠達成!おめでとう!#うまび #秋華賞 #松山弘平 pic.twitter.com/q8B8hmQWAx

— Umabi (@Umabi_Official)


JRA日本中央競馬会
https://www.jra.go.jp/


出馬表:秋華賞 今週の注目レース JRA
https://www.jra.go.jp/keiba/thisweek/2020/1018_1/syutsuba.html

勝ったデアリングタクトは、父がジャパンカップ・菊花賞などを勝ったエピファネイア、母が1戦未勝利のデアリングバード。2017年4月に北海道日高町の長谷川牧場で誕生しました。最初に出された0歳時のセリ市では買い手がつかず、翌年・1歳時のセリ市で1296万円でノルマンディーサラブレッドレーシングに落札されました。


2019年11月、デビュー戦の新馬戦、2020年2月のエルフィンステークスを連勝し、2番人気に推された桜花賞も勝利。

2020 桜花賞 - YouTube


さらに、優駿牝馬(オークス)も1番人気に応えて勝利して、牝馬三冠レースのうち2つを制覇。

2020 オークス - YouTube


オークス後は、他のレースを挟まずに三冠最終戦の秋華賞に直行。ここでも1番人気に推され、その期待通り勝利を収めました。牝馬三冠の達成はメジロラモーヌ(1986年)、スティルインラブ(2003年)、アパパネ(2010年)、ジェンティルドンナ(2012年)、アーモンドアイ(2018年)に続く6頭目の記録で、無敗で達成したのは史上初のことです。

2020 秋華賞 - YouTube

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
最速の競走馬はDNAで判別可能か、競馬界における遺伝子検査とは? - GIGAZINE

中央競馬GI史上初、優駿牝馬(オークス)でアパパネとサンテミリオンが同着優勝 - GIGAZINE

競走馬を調教している栗東トレーニングセンターで日本ダービー調教公開を見てきた - GIGAZINE

関西勢の強さの源、栗東トレーニングセンターの坂路コースを見学してきた - GIGAZINE

大卒で厩務員になった経歴を持つ白井壽昭調教師の厩舎を訪問 - GIGAZINE

【訃報】三冠馬ナリタブライアンの兄で天皇賞・菊花賞馬のビワハヤヒデ死去 - GIGAZINE

【訃報】無敗で三冠を達成した“日本近代競馬の結晶”ディープインパクト死去 - GIGAZINE

in メモ,   動画, Posted by logc_nt

You can read the machine translated English article here.