メモ

史上初・ダービー馬4頭が激突したジャパンカップは三冠馬コントレイルが勝利


三冠馬3頭の激突となった2020年のジャパンカップに続き、2021年のジャパンカップは史上初めてダービー馬4頭が戦うレースとなりました。

出馬表:ジャパンカップ 今週の注目レース JRA
https://jra.jp/keiba/thisweek/2021/1128_1/syutsuba.html

【レーシングプロファイル】2021年 ジャパンカップ|JRA公式 - YouTube


今週末は、ジャパンカップ(GI)。

昨年(2020年)の優勝馬は、#アーモンドアイ。「史上初、3頭の三冠馬」が揃った世紀の一戦で、芝GI 9勝という快挙を達成!あの感動から早一年。今年はどんな感動が待っているのかな。楽しみだね!#うまび #ジャパンカップ pic.twitter.com/7itbX4MSvm

— Umabi (@Umabi_Official)


第41回ジャパンカップで激突したのは2016年のダービー馬・マカヒキ、2018年のダービー馬・ワグネリアン、2020年のダービー馬で三冠馬のコントレイル、2021年のダービー馬・シャフリヤールの4頭。2017年のダービー馬・レイデオロと2019年のダービー馬・ロジャーバローズはすでに引退しているため、現役ダービー馬がすべて集ったレースとなりました。

2016年 日本ダービー(GⅠ) | マカヒキ | JRA公式 - YouTube


2018年 日本ダービー(GⅠ) | ワグネリアン | JRA公式 - YouTube


2020年 日本ダービー(GⅠ) | コントレイル | JRA公式 - YouTube


2021年 日本ダービー(GⅠ) | シャフリヤール | JRA公式 - YouTube


発走直前のオッズは1番人気がコントレイルで単勝1.7倍、2番人気がシャフリヤールで単勝3.7倍。3番人気はコントレイルの同期で2020年・2021年のアルゼンチン共和国杯(GⅡ)を連覇したオーソリティで単勝7.1倍。マカヒキは単勝71.9倍で11番人気、ワグネリアンは単勝88.4倍で13番人気となりました。

レースはワグネリアンやアリストテレスが前方へ行く展開。途中、最後方に控えていた2017年の菊花賞馬・キセキが一気に進出してそのまま最終コーナーを先頭で回りましたが、直線に入るとオーソリティが先頭に。その後ろからコントレイルがシャフリヤールと並ぶようにして足を伸ばし、オーソリティを1馬身押さえ、ラストレースで有終の美を飾りました。2着はオーソリティ、2番人気のシャフリヤールは3着に入りました。

コントレイルに騎乗した福永祐一騎手はレース後、涙を拭いながら「立派な走りをしてくれた」とコントレイルを絶賛。「いいポジション取りができたので、あとは馬を信じるだけでした」と語りました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
三冠馬3頭が激突した2020年のジャパンカップはアーモンドアイが勝利 - GIGAZINE

馬をムチでたたいても速くなったり制御しやすくなったりはしない - GIGAZINE

一般入場不可、JRA東京競馬場の来賓用特別室「ダービールーム」に潜入してみました - GIGAZINE

ちょっとした神の視点、JRA東京競馬場8階「ダービールーム」からレースを見ている気分になれるムービーやフォトなどいろいろ - GIGAZINE

これがレースの舞台裏、競馬場のパドックや専用通路などをのぞいてみました - GIGAZINE

in メモ,   動画, Posted by logc_nt

You can read the machine translated English article here.