ハードウェア

iPhone 12 ProはiPhoneで初めて6GBのRAMを搭載


5G対応の「iPhone 12」やコンパクトサイズの「iPhone 12 mini」、ハイエンドモデルの「iPhone 12 Pro/Pro Max」などが、2020年10月14日のAppleの新製品発表会に登場しました。Apple製品の情報サイトであるMacRumorsによると、iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxは6GMのRAM、iPhone 12とiPhone 12 miniは4GBのRAMを搭載しているとのことです。

iPhone 12 Pro Models Have 6GB of RAM, iPhone 12 and 12 Mini Remain at 4GB - MacRumors
https://www.macrumors.com/2020/10/14/how-much-ram-iphone-12-pro-has/?scrolla=5eb6d68b7fedc32c19ef33b4

iPhone 12 Pro features upgraded 6GB of RAM, iPhone 12 and 12 mini stay at 4GB - 9to5Mac
https://9to5mac.com/2020/10/14/iphone-12-pro-features-upgraded-6gb-of-ram-iphone-12-and-12-mini-stay-at-4gb/


MacRumorsがXcode 12.1に含まれるplistファイルを調査したところ、iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxは「memoryClass」のところに以下のように「Number 6」と書かれていることを確認。またiPhone 12 ProのGeekbench 5 Scoreのデータも6GBのRAMであることを示していたとのこと。


これに対して、iPhone 12とiPhone 12 miniの新モデル2機種と、 iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Maxといった既存端末は全て4GBのRAMを搭載しています。

iPhone 12 ProのGeekbench 5 Scoreのスコアは、A14 Bionicチップを搭載するiPad Air(第4世代)のスコアよりも低い値ですが、これはGeekbenchがiPhoneをセットアップすぐに測定したためではないかとMacRumorsはみられています。6GBのRAMとA14 Bionicチップを合わせることで、iPhone 12 Pro/Pro Maxのパフォーマンスは著しく向上する見込みです。


また9to5MacはiPhone 12 Pro/Pro MaxのRAMだけが6GBである理由について、この2端末だけ「ProRAWフォーマット」という新たな画像フォーマットに対応しているためではないかと記しています。

なお、iPhone12およびiPhone 12 Proは2020年10月16日から、iPhone12miniとiPhone 12 Pro Maxは11月6日から予約注文が可能となっています。

iPhone 12とiPhone 12 mini - Apple(日本)
https://www.apple.com/jp/iphone-12/


iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Max - Apple(日本)
https://www.apple.com/jp/iphone-12-pro/

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
5G対応の「iPhone 12」が登場、新しくフラットなデザインに生まれ変わる - GIGAZINE

「iPhone 12」「iPhone 12 mini」「iPhone 12 Pro/Pro Max」などApple新製品の高解像度画像まとめ - GIGAZINE

ハイエンドモデルの「iPhone 12 Pro」が登場、強力な手ぶれ補正機能を搭載したプロ仕様のカメラに進化 - GIGAZINE

iPhone 12はサブ6GHz帯とミリ波帯のどちらの5Gに接続しているかを表示できる - GIGAZINE

in モバイル,   ハードウェア, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.