試食

いくらの海にあわびが豪快に埋め込まれたなか卯「いくら・W(ダブル)あわび丼」を食べてみた


丼に豪快に盛り付けられた天然大粒いくらの上に、蝦夷あわびを2個のせた「いくら・W(ダブル)あわび丼」がなか卯から期間限定で登場しました。口に頬張ると大粒いくらのプチプチ感や、あわびの絶妙な食感と味わいが口いっぱいに広がる贅沢な一品とのことで、実際に食べてみました。

本日11時より まるで宝石箱✨ 贅沢すぎる至高の合い盛り 「いくら・W(ダブル)あわび丼」が新登場! | お知らせ | 丼ぶりと京風うどんのなか卯
https://www.nakau.co.jp/jp/news/679

なか卯に到着。


2020年4月23日に期間限定で登場した「いくら丼」が好評を受け再登場したことが大きくアピールされています。


今回は「新・いくら丼」の再登場と同時に新登場した「いくら・Wあわび丼(税込1600円)」を注文。


購入して、持ち帰ってきました。


持ち帰り時には、パッケージに保冷剤が付いてきます。


開封。2段構造のパッケージには、上段に具材、下段に海苔がかかったご飯が入っていました。


具材はこんな感じで、いくらの上に大ぶりのあわびが2個、刻みネギがのっています。


あわびはひとくちサイズにカットされていました。


具材をご飯にのせて、別添えのだししょうゆをかけ、わさびを添えたら完成。


コリッコリッとした独特の歯ごたえのあわびは、噛みしめるとミルキーな旨みがジュワ~と染み出してきて、だししょうゆと相性抜群。


いくらは噛むと勢いよくプチプチとはじける食感が絶妙。どっとあふれ出てくる濃厚な旨みがだしじょうゆや海苔と合わさって、魚介の味わいを豪快に味わえる一品でした。


「いくら・W(ダブル)あわび丼」は2020年8月6日から全国のなか卯で期間限定で購入可能です。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
なか卯の「新・いくら丼」の豪快盛のいくらは本当に通常の3倍なのかを実際に検証してみた - GIGAZINE

松屋の牛めし&茎ワサビが香る山形だしをとろろでツルッとかき込む「山形だしの三色丼」試食レビュー - GIGAZINE

すき家史上初の温かい卵をトッピングした「横濱オム牛丼」は牛丼のパワフルな味にチーズオムレツが完全に飲み込まれている - GIGAZINE

牛が主役の吉野家「肉だく牛カレー」試食レビュー、新しくなった14種のスパイスの和風だしカレーとの相性を確かめてみた - GIGAZINE

プリプリの大とろホルモンを心ゆくまで堪能できる「大とろホルモン焼肉丼」が伝説のすた丼屋で登場したので食べてみた - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.