動画

民間企業初の有人宇宙飛行船であるSpaceXの「Crew Dragon」がISSにドッキング成功


日本時間の2020年5月31日4時22分に打ち上げの成功が報じられていたSpaceXの宇宙飛行船Crew Dragonが、同日23時22分に国際宇宙ステーション(ISS)とのドッキングに成功しました。その後ISSでは小さな歓迎会が催され、Crew DragonからISSに乗り込んだアメリカ航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士ダグラス・ハーリー氏とロバート・ベンケン氏が温かく迎えられたとのことです。

SpaceX's 1st Crew Dragon with astronauts docks at space station in historic rendezvous | Space
https://www.space.com/spacex-crew-dragon-demo-2-docking-success.html

Astronauts Dock With Space Station After Historic SpaceX Launch - The New York Times
https://www.nytimes.com/2020/05/31/science/spacex-astronauts-arrival.html

イーロン・マスク氏が設立した民間宇宙開発企業・SpaceXが、5月31日に民間企業としては初の有人宇宙飛行船Crew Dragonの打ち上げに成功しました。打ち上げまでの経緯や打ち上げの様子は以下の記事を読むとよく分かります。

NASAとSpaceXによるアメリカ初の民間宇宙船の打ち上げムービー&写真まとめ - GIGAZINE


無事軌道上に入ったCrew Dragonは、31日の23時16分からISSへのドッキング作業を開始。Crew Dragonのドッキングは完全に自動化されていますが、ドッキング前には手動操縦機能の最終テストも実施されています。

以下がドッキングの瞬間の映像です。



Crew DragonはISSの以下の部分にドッキングしています。Crew Dragonに近い位置にある「HTV-9」は、2020年5月21日に日本の種子島宇宙センター吉信射点第2射点から打ち上げられたこうのとり9号機です。


ハーリー氏はCrew Dragonの手動操縦時の感触について、「シミュレーターと同じように操作しました。Endeavourはとてもキビキビと、よく飛んでくれましたよ」と話しています。なお、ハーリー氏とベンケン氏が乗った民間初の有人宇宙船の正式名称は「Crew Dragon C206」ですが、2人は「Endeavour(努力)」と呼称しています。

その後、約3時間かけてドッキング作業を終えた翌1日の2時2分にハーリー氏とベンケン氏(ともに黒いシャツを着用)がISSに乗り込むと、両氏はISSの乗組員であるNASAのクリス・キャシディ氏やロシアの宇宙飛行士アナトリー・イワニシン氏とイワン・ワグネル氏ら3人(青い服を着用)から温かい歓迎と抱擁を受けました。


ISSに乗り込んだハーリー氏(右)は、地上との通信の中で「この壮大なISSの一員になれて光栄です」とコメント。


ベンケン氏(右から2番目)は「よく眠れましたか?」という質問に対し、「最初の夜はちょっとした挑戦でしたが、Crew Dragonはとても滑らかに飛行して、船内の空気の流れも良かったので、素晴らしい夜を過ごせました。そのおかげで、私もダグも7時間ぐっすり寝ました」と回答しました。


無事ISSに到着したハーリー氏とベンケン氏は、最長4カ月間宇宙に滞在する予定とのことです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
NASAとSpaceXによるアメリカ初の民間宇宙船による有人飛行ミッションにゴーサイン - GIGAZINE

トム・クルーズが宇宙へ、ついに本物の国際宇宙ステーションで商業映画を撮影する計画をNASAが発表 - GIGAZINE

SpaceXが人工衛星でインターネット環境を構築する「Starlink」プロジェクト用衛星を新たに60基打ち上げることに成功 - GIGAZINE

NASAとSpaceXによるアメリカ初の民間宇宙船の打ち上げムービー&写真まとめ - GIGAZINE

SpaceXが「国際宇宙ステーションよりもっと遠く」まで行ける民間向けの宇宙旅行プランを発表 - GIGAZINE

in 乗り物,   動画, Posted by log1l_ks

You can read the machine translated English article here.